テニス メンタル

劣化が襲う、そして:初めて『負けてよかった』と思えた日

こんにちはstelliterです。 先日の記事に続きまして。 www.stelliter.info で、翌日。 しょっちゅう来てくださるベテランの常連Sさんと対戦。 この日はここ一月以上取り組んでいるフォアの改良とか、ンなもん関係ない。 勝ちいったつもりでしたが大逆転を食…

『負けても仕方ない』という気持ちの刷り込み

こんばんは、もうすっかり夜中に近いけどstelliterです。 フォアハンド改良中のここ直近の戦績 8勝14敗、勝率3割6分 酷いものです。 なかにはこれまで大きく勝ち越している常連さんも含む。 負けは仕方ない、結果ですから。 でも最も嫌なのは、負けても仕方…

『いつも通りのプレー』は意識して出来ないよね?

こんにちはstelliterです。 皆さん、いつも通りの自分のプレーって意識して再現できますか? なかなか出来ないもんですよね。 いつも通りの自分を考えたときに、すでにいつも通りではなくなっている。 『いつも通りの自分はもっと強気に打って出るんだ』 『…

すべてのテニスは『練習の延長線』:こう思えれば最強なんだろうな。。

こんにちはstelliterです。 先日、またも珍しくボクの開催で『練習希望』な方がいらっしゃいました。 お初な人ではなく、強烈なフォア一発とトリッキーさが売りのヘタウマプレーヤー。 少し練習を長くして、最後にゲームしてもらってイイですか? とおっしゃ…

最もしびれる『残り時間5分で3-5』:目指せ勝負師への道

こんにちはstelliterです。 日々ゲーム中で一番しびれるのが、 残り時間あと5分でゲームカウントこちらの3-5 この状況です。 チョット限定的に思えるかもしれませんが、結構発生するんですよ。 この段階で負けはあってもこちらの勝ちはない。 はやーい展開だ…

脱中級テニス🎾勝負にこだわる『ファイターであれ』

こんにちは、stelliterです。 技術的なことって優秀な指導者、諸先輩ブロガーさんなど、そういう人の発信でないと信用なんかできませんよね。 私のようなただの、『アマチュアど真ん中かつ王道を離れたプレーヤーのブログ』が何をかいわんやだし、求められて…

脱中級テニス🎾敗北より勝利が自分を前進させる

こんばんはstelliterです。 テニスの仲間が善戦虚しく負けてしまったとき、、 『よく頑張った』 『次につなげよう』 『負けたからこそ得られるものがあるよ』 敗者に対し、このように優しい声掛けをすることってあります。 私自身も仲間が目の前で悔しい敗戦…

テニスのルーティン・験担ぎ

こんにちはstelliterです。 皆さん試合中のルーティンや験担ぎ、なんかありますか? 試合前必ず食べるものがある ○足からコートイン ○回ボールを突いてからトスを挙げる タオルはベンチのここに掛ける これら、必ず遂行しないと落ち着かないなど、人から見れ…

脱中級テニス🎾コートで戦うのは一人という辛さ

こんにちはstelliterです。 対戦していてリードしている時、『意識しないように』とわかっていても、ついもう勝ったつもりに気持ちがなびいてしまうもんです。 『ここで勝ったらああだな、こうだな』 とイイ気になる。 しかしそこから追い上げられ、追い付か…

脱中級テニス🎾気合勝ち

こんばんはstelliterです。 レベルはともあれ、直近参加の6大会中4大会で優勝。 一応は結果を残せており、なんとなく『競技会における戦い方』というものを心得始めたんですかね。 しかしその戦い方なんですが、特段なーんにも変わりはない。淡々と戦ってる…

勝負所で『バカーン!』と打つ人:勝負へのこだわりは?

こんにちはstelliterです。 勝負どころのポイントで『バカーン!』とかっ飛ばす人いますね。 もっと言えば、それまでは普通にプレーしていたようにお見受けしても、各ゲームポイントになったら必要以上の強振をカマす。 ハナからしっかり決め切る腕がありゃ…

『テニスは気持ちだ』:この意味、思わずはき違えちゃいけない。

こんにちはstelliterです。 テニスに限らず何らかの競い合いにおいて、 『気持ちが大事だ』 『ここぞの時に強いハートを持て』 とか言われますよね。 大いに賛成、間違ってないと思います。 しかしこの『テニスは気持ちだ』という言葉を履き違えてしまっては…

カッカしていい事なんて何も起きない:テニスに必要なのは冷静さ

こんにちはstelliterです。 むかーし昔。 牛島和彦さん(過去中日やロッテに所属していた名投手)が当時の所属チームにおいて、後輩ピッチャーにアドバイス。 その後輩、冷静さを欠くピッチングをすることが多く、そのせいでなかなか結果を残せない時期があ…

脱中級テニス🎾『ややビビり』くらいがちょうどイイんじゃないか?

こんにちはstelliterです。 『ビビりとビビらない』 どちらがテニスプレーヤーに向いているでしょう? ストレス発散、とにかく爽快にテニスを楽しみたいのであれば、ビビっていること自体無意味。 なんでもいいからぶっ叩かないと何のためにテニスしてるかワ…

脱中級テニス🎾『心』は強く鍛えられるか?

こんにちはstelliterです。 メンタルという言葉はあまり好きではないので、あえて『心』という言葉にさせてください(カテゴリーは『メンタル』ってなってっけど)。 スポーツでもなんでもとにかくすべてを支配する『心』。 これが強いか弱いかですべてが決…

セカンドサーブ前に『セカンド~』とコールできる人は偉い

こんにちはstelliterです。 まさにタイトル通り。 ファーストをフォールトした後のセカンドサーブの前に 〇-〇,セカンド~ と、コールできる人って尊敬します。 これからセカンド打ちますよ、との宣言ですが、別にここはコールの義務はないハズ。 カウント…

脱中級テニス🎾試合慣れ

こんにちはstelliterです。 先日出場した単なる草トーでさえ、割と久しぶりだった私は序盤結構緊張しました(いつも緊張してるけどね)。 強い弱いは置いても、戦い慣れているつもりではありますが、それでも何らかの競技会となればやはり普段とちょっと違う…

弱気になっちゃダメだ!と言っても『弱気の虫』は治らない

こんにちはstelliterです。 大事な場面でチャンスボールや何でもないボールをミスした時、 『なに弱気になってんだよー!』 と自分を罵倒する人は多いです。 先日お相手いただいた方も連呼してましたね。 落としたくないポイントだからつい『置き』にいって…

絶好調『はきはきコール』→調子落ちた『コールすらしない』

こんにちはstelliterです。 ここのところ、今まで勝てなかった相手にようやく勝ち始めたstelliter。 中でも、早朝よくお相手いただく、あるお一人。基本不機嫌な人です(話せばいい人)。 ゲーム開始して最初の頃はいいんですが、劣勢になってくるとカウント…

脱中級テニス🎾『基本に立ち返る』とは?

こんばんはstelliterです。 さっきまでイイ感じでプレー出来ていたのに、 あれ、、ミス連発しちゃったな やべ、さっきまでリードしてたのに追い付かれてきた ナヌ!?全然ポイント取れなくなってきた 特に何かを変えた意識はないのに、急にミスが増え始める…

マッチポイントを握ったのと握られたのとどっちが緊張する?:『勝ちビビりか負けビビりか』

こんにちはstelliterです。 先日の緊張に関する記事に続いてまたも緊張関連。 www.stelliter.info ホントねぇ、、、緊張しぃの俺だったら緊張ネタなんかいくらでも浮かんでくるわ(笑)。 こちらのマッチポイントの時やたら緊張する、つまりこの『勝ちビビり』…

負けた理由を集中力のせいにするヤツは嘘ついてる

こんにちはstelliterです。 以前にこんな記事書きました www.stelliter.info www.stelliter.info 負けた理由シリーズ、いやゲーム終わった後のアホシリーズだなw。 負けた後の理由を 集中していなかった と漏らす人は多いですよね。 これもねぇ、、、ウンコ…

チャンスボールがきた瞬間忘れる、『普通のラリー感覚』

こんにちはstelliterです。 最近ミスに関する記事を書いちゃってるけど今回もまた。 www.stelliter.info www.stelliter.info 普通にラリーしている中で飛んでくるボールと、ゲーム中に飛んでくるチャンスボールの返球難易度(←こんな言葉ないけど)。 どう考…

勝ってても辛い、そして最高な『ラリー覚悟の我慢テニス』

こんにちはstelliterです。 トータルの力量が同じでも、エースとエラーを繰り返す淡白なプレーヤーは比較的ゲーム時間が短い、ラリーも短い。 ショートポイントで決まることが多いからです。取るにしても取られるにしても。 もしかして気持ちも淡白、あっさ…

脱中級テニス🎾ミスにつながる『エエかっこしたくなる気持ち』。

こんにちはstelliterです。 ゲーム中、『ちょっと今日は調子がいいな』と感じる時。 そしてその調子が少し長続きしている時。 そこまではいいんです、実に望ましい状況です。 しかしそれらが行き過ぎて、ちょっと余裕がありすぎる場面、 よ~し、いっちょキ…

脱中級テニス🎾辛くても、少しずつでも前に進んで考える

こんにちはstelliterです。 負けて撃沈 調子悪く落胆 万事につけ良くない時というのは滅入ってしまう。なかなか前向きに考えづらいもんです。 しかしこういう時こそ『人間力』が試されます。 よし、サーブは相変わらずだけど、ストロークのフィーリングは戻…

続・攻めてミスと守ってミス

こんにちはstelliterです。 昨日記事のちょっと付け足し、、大して意味はないんだけど。 www.stelliter.info 攻め手と守り手のミスした時の心境。 要は得ようとしている気持ちと、失いたくない気持ちの違い。 明らかに失いたくないのに失った方がダメージが…

攻めてミスと守ってミス:守ってのミスは心にダメージ

こんにちはstelliterです。 以前に少し似た内容書いたけど、随分前なんで忘れちゃいましたが、、、 同じミスするのでも、攻めてミスと守ってミスは全然心砕くダメージ力が違います。 守っていてのミスはホントに精神にクる。 ミスしないように繋いでいる最中…

一日中好調なんてありえない:『厳しい時間帯』

こんにちはstelliterです。 一日のテニスの中で必ず迎える 『厳しい時間帯』 (マレーはこういう表情がホント似合う) 例えば2時間コートでプレーするとして、 ・開始30分まで絶好調 ↓ ・30分~1時間あたりで『ムム?』怪しくなる この途中の1時間経過あたり…

テニスにおける『緊張』:するのがデフォだから考えるのはアホ

こんにちはstelliterです。 皆さんどうです、、 緊張してますか?? いや、テニスの時の話ですよ ラリーなどを中心とした練習の中で緊張することってあまりないでしょうけど、何かしらポイントのかかる場面となれば多少心臓の鼓動をいつもより感じる。 まっ…