テニス私見

続・ダブルスはチームワークか個の強さか?

こんにちはstelliterです。 前回の続きです。 www.stelliter.info シングルスプレーヤーって私も含めて結構『シングルスとダブルスは別の競技』と思ってしまう節があります。 テニスを行わない人にすれば『なにが違うの?』となるのでしょうけどね。 当然共…

ダブルスはチームワークか個の強さか?

こんにちは、相変わらず頑なにシングルスに特化したstelliterです。 というかそれしかできない、もっと言えばシングルスすら満足に出来ないけど(笑)。 先日、社の後輩に質問されました。 Kさん、テニスのことで質問なんですけど。。。 俺 あら、珍しいねどう…

伝わらなかったアドバイスは大体『発信側・教える側のせい』

こんにちはstelliterです。 人に何かを伝える、教える際、 言葉が必要であればあるほど、内容が薄いと感じざるを得ないです。 私も仕事上、顧客提出用・社内外の教育資料を作成します。 それを本発表前に社内フィードバックをもらう際、返ってくる言葉で、 …

もうオワコン(←古)なのかな:クローズドスタンス

こんにちはstelliterです。 珍しくスタンスのお話。 オープンスタンス スクエアスタンス クローズドスタンス 大きくこの3つにわかれます。 それぞれの間にさらに中間的なスタンスが混ざり合うことは当然。 色々なテンポで飛んでくるボールに対応するには微調…

チャンスボールがきた瞬間忘れる、『普通のラリー感覚』

こんにちはstelliterです。 最近ミスに関する記事を書いちゃってるけど今回もまた。 www.stelliter.info www.stelliter.info 普通にラリーしている中で飛んでくるボールと、ゲーム中に飛んでくるチャンスボールの返球難易度(←こんな言葉ないけど)。 どう考…

ミスの原因は『ラケットの真ん中に当たらなかったから』は、ちょっと的を得ているのかも

こんにちはstelliterです。 ミスショットの原因の一つを 『ラケットの真ん中に当たらなかったから』 と指摘されることがあります。 これはある程度テニスに慣れてきた人からすると、 んなわけないじゃん それは初心者向けのアドバイスでしょ? 真ん中ってい…

負かした相手に『いや、調子悪いわ』と言われた←まあナメられてるよね

こんにちはstelliterです。 最近『調子』に関する記事を投稿。 www.stelliter.info で、それの関連ってわけじゃないですが。 ここのところ、これまで勝てなかった相手にことごとく勝ち始めているstelliter。 それはうれしいことですが最近、ある目の上のタン…

いいプレーは自分次第、でも勝ち負けは相手次第

こんにちはstelliterです。 『テニスは自分との戦いだ』 よく聞く言葉ですね。 いいプレーをするためには技術面、メンタル面ともに自分の調子を整えゲームに臨む。 大事なことです。 でも、勝ち負けに関しては自分以上に相手の力量や調子、相性のほうがより…

勝った後に『負けたらどうしようかと思ってた』とか言うバカ

こんにちはstelliterです。 極短記事行きます。 よくいません?勝った後に、、 いや~負けたらどうしようかと思ってたんですよ~ 家帰れないな~なんて (この人には何の関係もありません、写真お借りしただけですのであしからず~) あのねぇ、こういうセリ…

NTRP動画で比較する『対戦相手の実力』

こんにちはstelliterです。 先日ちょっと面白い動画がオススメに挙がりまして www.youtube.com 以前記事にもさせていただいたんですが、アマチュアプレーヤーのテニス技量を測る一つの目安。 「NTRP」 www.stelliter.info その関連動画でした。 それぞれ3.…

返せばいいという、『ラリーテニス』でどこまで勝てるか

こんにちはstelliterです。 『お前には、普通に返してりゃ勝てるもん』 昔さんざんこういわれて悔しかったですね。 テニスを始めて初期のころってのはラリーそのものが続きませんでしたから。 格上の人はさぞかし私との対戦は楽だったことでしょう(笑)。 練…

はっきり言われました💦『別にいつも同じ人と打っててもなんとも思わないヨ』

こんにちはstelliterです。 先日昔のテニス仲間と呑んでいました、まん防も終了の通常営業だしね。 仲間というか昔の先輩方なんですが、とても楽しかったです。 そんな中、最近のテニス近況を伝え合っていたんですが、やはり皆さん相変わらず決まったメンツ…

テニスも『7割理論』:でも7割目指して7割は取れない。

こんにちはstelliterです。 テニスにおいても、仕事においても、その狙った作戦、狙った成果 結果的に7割手にすりゃ御の字です。 よーし今日は6-0、いや少なくとも6-1くらいではもらって帰れるな と思っていたお相手にまさかの6-4とか6-5決着。 俺 あれれ、…

無風時のプレー環境は単なる特別ボーナス。

こんにちはstelliterです。 風っていうのは暑さ寒さよりももっとテニスに影響を与えます。 人によってはサーフェス以上だったりして。 www.youtube.com こないだのインディアンウェルズ、ナダルVSアルカラス戦。 可哀そうなくらいの強風、、、歴戦の雄ナダル…

個人コーチのジュニア(?)指導。。。『コートにいる目的』

こんにちはstelliterです。 先日久しぶりに訪れたコートで隣にいた個人レッスンのコーチ。 男女やや年齢幅ある6名ほどをいろいろなパターンで球出しレッスンされていました。 ちなみに当然ながら公営コートで行われていたので、所謂『グレーゾーンな営業テニ…

テニスデビューされる方へ、stelliter流のススメその③ダブルスやりこんだほうがなにかとお得だと思うよ

こんにちはstelliterです。 おっともう3月30日、、今年度ももう残り2日か。。。 ちょっと空いちゃったシリーズ記事 www.stelliter.info www.stelliter.info さてさて今日のお題に疑問を持つ方は?? あれ、、アンタあれほどダブルス嫌い、だからしない、だっ…

テニスの本当の楽しさは理屈ではなく、『コートの中にある』

こんにちはstelliterです。 私もこの夏を迎えるとテニスキャリア10年の節目を迎えます。 ここまで一つの活動を続けたのは仕事と人間稼業(笑)以外でいえばおそらく、筋トレとテニスだけではないでしょうか。 一つの活動を長く続けられている人の原動力ってな…

『オマエ誰やねん??』:大会会場で初めてお会いする『同グループ所属の方』

こんにちはstelliterです。 久しぶりに毒っ気ありなタイトルコールでごめんなさいね(笑)。 大会への参加意欲というのはおっそろしく大事です。 www.stelliter.info 他者との競争心、この気概があるかないかで上達に随分と差がうまれるというもの。 なので…

『斬り合い、奪い合う競争』でしか自分のテニスは測れない。

こんにちはstelliterです。 普段の練習の時、 『あ、俺上手くなったかも』 と思う瞬間、ありますよね。 やたらラリーが続いたとか、ウィナーが連続で決まったとか。 外目から観ても あ、あの人上手になったなぁ と一見映るはず。 でもそれが少なくとも強くな…

つい言ってしまうセリフ:『今のどれくらいアウトしました??』

こんにちはstelliterです。 そこそこ入っていると自信があったボールをアウトとコールされた後、、 今のどれくらいアウトしました? うん、ボール〇個くらいかな 鉄板のやりとり、そして非常に含みのあるやりとり。 本当にどれくらい出てたのか知りたい時と…

風が強く吹かないコートなんてない

こんにちはstelliterです。 昨日一昨日は大変良いお天気、、、しかし風が強かったですね。 私は両日とも出勤だったのでテニスはやらなかったのですが、皆さん結構堪えたんじゃないですかね。 ここのコートはいつも風が強いんだよ というセリフ、、よく耳にし…

『いま○○狙いました?』:そんなことまで考えてプレーしてませんがな

こんにちはstelliterです。 ミスしたとき・ウィナーを奪ったときに饒舌になられる人、結構いませんか? 『こうしようと思った』 『ここを狙った』 『今ミスしたのは、こう考えちゃったから』 または 『パターン変えてきましたね?』 など、こちらへの逆質問…

もしナダルが右利きだったら。。

こんにちはstelliterです。 『ナダル右利きだと弱いんじゃないかな論』 しょっちゅう議論されていましたね。 How many Grand Slams would Nadal have if he was right handed? : tennis 肯定派の意見として最も多いのは、 『レフティーから繰り出されるバモ…

大所帯がデフォなのか?:ソフトテニスの練習

こんばんはstelliterです。 先日、お隣りにソフトテニスさんの団体さんが練習されていた。 過去にソフトテニスに関しては『批判的だ』と言われかねない記事を投稿してきました。 www.stelliter.info そんなつもりはないんです。 で、それは関係ないんですが…

『イヤならやめてもうたら?』:テニスの団体活動には『割り切りと距離』が不可欠

こんにちはstelliterです。 ここ直近こそ少なくなりましたが、昨年まで私の個人LINEに、過去に私も在籍していたグループのお一人から大量に相談や報告を送ってこられまして。 主に大会参加に関する内容が多かったのですが、 『グループリーダーによる大会参…

やる気のなさ全開:マッケンローのストローク

こんにちはstelliterです。 以前、エドバーグを記事にしました。 www.stelliter.info 男前っぷりを筆頭とした(笑)、サーブ&ボレーや華麗なバックハンドなど数々の武器を差し置き、彼のフォアハンドに少し注目しました。 で、今回は、、 ジョン・マッケン…

年配テニスプレーヤーの『ヘアバンド』がどうしてもダサく感じてしまう

こんにちはstelliterです。 たまにいらっしゃる 『ヘアバンドした人』 (の方には何の恨みもない、、、写真お借りしただけ) 先日お相手いただいた私よりも歳が上の方。 第一ゲーム終了時点でコートチェンジの際、ベンチ前にてコートに背を向けなかなか戻っ…

シコラーへの勝利が価値ある理由:『普段とは違う自分』が試されるから

こんにちはstelliterです。 年初近辺の記事の関連って感じですね。 www.stelliter.info バコラーに勝ったといっても、ちょっと相手が調子悪けりゃ、ほぼ素通りで勝てちゃう。 サーブ入れときゃ、リターン返しときゃそれで勝てる(さすがに極端だけど)みたい…

テニスにおける『何をやらないか理論』

こんにちはstelliterです。 『何をやらないかを決めるのは何をやるかを決めるより重要』 ジョブスの言葉でしたっけ(ジョブス以外も言ってるみたいだけど)。 有限な人生の中、やることを絞るべきだろって教えですな。 じゃあテニスではどうだ? テニスにお…

『ボールボーイ』:テニスコートで最も輝く裏方さん

こんにちはstelliterです。 トッププロの試合を観ていて、 『こんなに真剣、かつ輝いている』 と思う対象。 ボールボーイ(ガールもね、以降は省略)です。 彼らのあの頑張り、シャキッと感(たまにそうでもないのもいるけど)。 たまりませんね。 プロの試合に…