『1ポイントも落とせない心理的負担』を背負わなきゃテニスじゃない

こんにちはstelliterです。

 

先日かつての常連さんに久しぶりにお越しいただけた。

現代的なスイングにパワフルなプレーは相変わらずなベテランさん、しかしやや粗い面も相変わらず。

ゲームになるとその粗さがやや際立つもの。

いい時は当たり日となり大会でも結構勝ち上がるんですが、僕には相性が悪いようです(負けたことないもん)。

この日もあっさり1セット終わって、残り時間まだもう1セット行けそうだったので当然延長戦。

 

しかしそこでも3-0とリードしたあと、お相手さんが、、

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

ゴメンナサイ、ゲームにならんわ💦時間までラリーしてもらっていいですか?

と、申し出られた。

ちょっと自身のプレーを不甲斐なく思えたんでしょうね。

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

あ、いいですよ。やりましょう。

と、引き受けました。

まぁ本音のとこは

『あら、、、獲れたかもしれないもう一勝逃しちゃったな(笑)。』

というとこでしたが、楽しく帰ってもらうのが主催者の務めでもありますので快諾です。


するとそこからはお相手も活き活きするんですよね。

いや正確にはその前のアップでもゲームでも基本フルスイングな人なんですが、全然違う。

ポイントが掛かってないからなのか、より一層ブンブン振ってくる。

そして僕は圧される💦

まぁこうして自分のテニスに邁進されるのもヨシ。

 

stelliterの場合はこの逆、別にプレーの質は変わらない。アップの段階のほうがむしろショボい。

 

しかしお互いの『じゃあお願いします!』の声とともにバチっ!とスイッチオン。

そこからの方が集中する。

『1ポイントも落とせない。奪わなきゃ奪われる』

という心理的負担を背負ってボールを打ち合うことこそテニス。その前提がないのはただの準備運動に過ぎない。

 

結局この環境でしか僕は生きられないんで。

 

年の最後に差し迫ってstelliterらしいこと書いたな💦