微妙なボールは『逆イモり』:可能な限りこうありたい。

こんにちはstelliterです。

今日のシングルスオフ(ダブルマッチ方式)において、私がリターン側で40-15から最後、センターにサービスエースを食らってキープされたときのこと。

主催のAさんが横で観ていて、、

f:id:stelliter:20200915220511p:plain
Aさん

Kさん(私のこと)、最初の3ポイント全部ボール3個以上フォルトだったよ(笑)

とのこと。

思わず、、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

あ、、そ、そうでした??速かったしよくジャッジできませんでした💦

と連発してしまいました。

この日は

  • 風が強く、風上からはボールが勢いに乗った
  • 逆光側でのリターンということもあり、よく見えなかった
  • なかなかビッグサーバーなお相手だった
  • しかしなにより、動体視力の衰え(これデカいんじゃね??)

これら条件も揃っていて、ビッシビシと思わぬサービスポイント判定させていただきました(笑)。

f:id:stelliter:20210505211234j:plain

サーブリターンだけでなく、各ライン際へのボールのインアウト判定。

『もうお伝えすることはないよ』と過去記事にていろいろと触れさせていただいた際は大抵普通の『イモり』に関すること。

www.stelliter.info

しかし逆にこのアウトっぽかったけどイン判定にするという『逆イモり』についてはあまり語る機会もなかったですね。

 

所謂クリーンな判定(というのだろうか)。

大会がもっとも顕著ですが、オフなどでも大抵は

『際どいボールはイン判定するよう注意しましょう』

的な事を明記されていることが多い。

あくまで紳士的に競技を楽しむことが余暇で行なうスポーツの正しい姿。

テニスにおいても、お互い『譲り合おう』までは言いませんが、ギスギスした雰囲気で対戦するより、クリーンな判定をもって時間を共有するほうがよっぽど有意義です。

f:id:stelliter:20210505211525j:plain

 ------------

  • こちらからすると『微妙だけどインとしよう』と思っていても相手からすれば『当然入ってるッショ?』となるかもしれない。
  • 逆に打った側からすれば『あ、、アウトかなこれは??』というボールを、相手がインプレーとジャッジする。

f:id:stelliter:20210505211253j:plain

ライン際のボールというのは、時に対戦している2人の様々な視点が交錯するものですね。セルフジャッジにおけるトラブル、、またその場ではトラブルにならないまでも尾を引くケースは尽きることがありません。

相手からのちょっと微妙なボールをすべて『アウト!』と判定し勝利するのは人それぞれです。

しかし、

この人には負けたな~

という方との対戦においては1球2球の自分ひいき判定など非常に空虚なもの、、潔く無我夢中で戦って散りゆくことのほうがむしろ

楽しかった👍

と思えますよね。

www.stelliter.info

 ------------

私は基本的にテニスにおいて『勝つこと』を最優先にプレーしています(ま、勝てないんだけどねそれでも💦)。

www.stelliter.info

しかし一方で、ボール2個分ほどアウトだったボールをインプレーにした際に、相手から、、

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

いやいや、、今の私のボールはアウトです。そちらのポイントで進行しましょう

といったようなやり取り、、、青臭いわけでもなく素直に大好き。

こうでありたいものです。

 

ただ50センチ以上アウトなボールをインプレーとするなどあまりにも『逆イモり』も度を超すと相手に『オメー、イヤミかよ』って捉えられるかもしれませんからね。ま、そんな人いないと思うけどご注意です。

 

まあ、、普通に敬遠されるイモりよりは嫌われないし、いいかと思いますが。