怪我している人とどう戦う?『いやいや、手加減せんよ』

こんにちはstelliterです。

 

先日対戦した方(お初ではありません)。

最初のアップ段階でどうも歩様がおかしく見える。

f:id:stelliter:20211216063144j:plain

あれ?○さん、、、なんか足痛いのかな、、、

と気が付きました。

で、1stゲーム終了後コートチェンジの際に、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

○さん、足どこか傷めました?少し気にされているような、、

とお尋ねすると

f:id:stelliter:20200612223414j:plain
〇さん

実はそうなんですよ、2ヶ月ほど前に急に傷めてしまってなかなか治らないんです。

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

あーやっぱりそうなんですか、、、続けられますか?無理しないでください。

f:id:stelliter:20200612223414j:plain
〇さん

いえいえ大丈夫です、気になさらないでバンバンきてください

とおっしゃる。

 

まあそうは言われても声はかけたくなるし、気にもなる。

 

しかしね。。。

 

やると決まったら怪我人でも遠慮はしないのがstelliterのテニス主義。

皆さんもそうでしょ?

www.stelliter.info

f:id:stelliter:20211216063527j:plain

多少痛いのは承知、その上で来てくださっている。

そこで余計な手加減なんかして負けたら目も当てられない。

ましてやお相手に失礼に値する、自分だって手加減なんてやられたらムカつく。

 

一切の温情を挟まずドロップでも高速セカンドでもなんでもカマす。

f:id:stelliter:20211216063430j:plain

それに本当に『追えない』とわかれば追わない、無理もしないでしょう。

 

当の怪我されてる方が手加減なんざ望みませんもんね。

私だって反対の立場でも、コートに向かうと決断したなら

聞くまでもなくマジモード、、潰す気で来てくださいよ。

と言うに決まってる。

 

そうやってテニスは続くのさ。