読者様と対戦本編その②:これぞ『俺のやりたいテニス』

こんにちはstelliterです。

 

先日の読者さんとの対戦記事、続きです。

www.stelliter.info

さぁそれではゲーム開始。

 

○さんのテニスは非常に正統派なテニス、しかも苦手なレフティー。

 

私なんかとは全然違ってしっかり攻める姿勢をお持ち。

さすがはスクールが起点となってテニスを始められた方です👇

www.stelliter.info

俺の推測もあながち間違ってねぇやん。

 

かたや私は絶対にスクールなどには存在しない、かなりディフェンシブなスタイル。何しろビビりなもんで。

なので今回はまさに矛と盾のぶつかり合いとなりました。

f:id:stelliter:20220111120754p:plain


先に結果だけお伝えすると、○さんが読者視点の忖度でstelliterのメンツを保ってくださったのか、セットカウント3-0で私の勝利(6-2、6-5、6-1)。

 

しかし第二セットは盛り上がりました、特に私の方はね。

 

第一セットを奪った後の第二セットも開始からリードを奪い、そのまま逃げ切り体勢に入ろうと思ったのですが、徐々に形勢逆転。

私のプレースタイルに慣れ始めた〇さん、活き活きとプレーし、ウィナーも増え始めた。

ついに追い付かれ5-5、次のディサイディングゲーム前、私の内心はドッキドキ。

f:id:stelliter:20220111070721j:plain

何しろこの日は、いろんな意味で負けたくない。

特別ゲストの前で曇った表情などしたくないし失礼にあたる。しかし目の前のゲームは死んでも負けたくないという(笑)。

 

しかし完全に流れが○さんのほうに傾きはじめ、しかも普段のオフや大会ともまったく違う、あまり味わったことのないテニス空間。

 

『ここで落とす(5-5からの負け)のは何としてでも避けたいところ。でも追い詰められてんのは明らかに俺の方やな』

と思ったのですが、何やら、、

お前最近ピリついてへんな。いろんなことに気ぃ散ってダラけてんちゃうん?

と天から声が聞こえてきたような(気がした)。

f:id:stelliter:20220110232639j:plain

すぐに我に返り、、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

そうや、これが俺のやりたいテニスやんけ。確かに最近ダラついとんな

ディサイディングゲームは私のサーブから。

有利であることには変わりないんだと言い聞かせ、再びネジ巻いてなんとか振り切り6-5でいただきました。

f:id:stelliter:20220110232924j:plain

〇さんは、

f:id:stelliter:20200605224600p:plain
〇さん

完敗です、、相手にならなかったです

などとおっしゃっていたのですがとんでもない。

トータルで何もかも拮抗しまくり、、むしろテニスの質は明らかに〇さんのほうが高いと感じました。

最後は気持ちで獲ったという他ない。

 

対戦終了後、少し長めにお話におつきあいいただきまして。

続きますわ。