長時間テニス:どこまでも続く『無限地獄』ならぬ『無限天国』

こんにちはstelliterです。

 

今年のゴールデンウイーク、、弊社は全日稼働しておりました。世が世のリモートワークなどどこ吹く風の現場職でございます。

f:id:stelliter:20210529172245p:plain

で、さすがに各々皆がフル出勤というわけにもいかず、交代交代でシフト組を行ない、私も合間にお休みいただいておりました。

ということは所謂『平日休み』が数日発生。たまたま家内とも時間が合わなかったものですから、

さ~てそれではたっぷりテニスに勤しむか🎾

となりまして。

とある日、朝6時から昼12時までの『6時間サシでシングルスたっぷりコース』開催となりました。

f:id:stelliter:20210529171924j:plain

つまり1回2時間の枠にお一人ずつサシで対戦。それを連続で3名にかわるがわるお相手いただく計6時間。

余剰人員は設けない。なので基本的に休憩はコートチェンジに水分補給のみ。

f:id:stelliter:20210529172420p:plain

シングルスをサシでやりに来る人というのは、やった感を求めてくる人がほとんど。休憩なんかしたくないわけです。

なのでしっかりお相手にもそれぞれ2時間ずつ、やった感と『疲れ』をお持ち帰りいただきます(笑)。

------------

実はこの日の一週間前にも4時間のコート予約を持っていました。

つまり2週にわたり、4時間枠および6時間枠が使用可能な状況であったのです。

 

ということで、、

『先に2枠4時間サシのシングルスを行なってから来週の3枠6時間の開催可否を決めよう』

と思っていました。

そして最初の2枠4時間が終了した際、、

『実に爽快じゃないか、、じゃ来週は予定通り3枠6時間ね👍』

と予定を敢行。

た~~っぷりと楽しせていただきました。

f:id:stelliter:20210529173129j:plain

各枠合間のお相手の入退場時に『ちょっと失礼』とバナナ1本だけは補給。

------------

f:id:stelliter:20210529173250j:plain

自分としてはそれぞれ手抜きはせず、しっかりボールを追っていたつもりでしたが、

『ただ時間だけ過ごして、ぬる~いテニスしてないだろうか??』

と自問自答し、一応最後3枠目のお相手(30代の方。なんで最後に一番活きのいいのが来たんだろう💦)に

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

私大丈夫ですか?ちゃんとボール『追って』ますかね???

と尋ねました。

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

ええ、、とても追ってますよ🏃

結構『拾い』に依存しているプレースタイルなので、そういっていただけて救われました。

------------

f:id:stelliter:20210529173824j:plain

この日は途中から気温も上がり、初夏の陽気。ただでさえ日焼け気味の私にさらに磨きがかかりました。

 翌日出社した際、部下たちより口々に

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

MG(マネージャーね)、、なんスかその黒さは??どうせまたテニスでしょうけど

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

そ、そんなに黒いかい??

って『どうせ』てなんやねん

一応、顔とかは日焼け止め塗ってますけど、アホほど汗もかきますからあまり意味をなしていない。まあこれは毎年なんですよねぇ。。

 

短時間で濃密にこなす高効率テニスが理想ではありますが、しかし今回これはこれでまた楽しい企画となりました。

じゃ、次は4枠4名8時間コース、、、そしてその次は5枠5名10時間と。。。

100人組手みたいで楽しそうでしょ。

f:id:stelliter:20210529174141p:plain

たかがテニスです、、メシさえ食わしてくれれば日暮れまでやってやります。

こんな楽しいことはありません、、どこまでも続く『無限地獄』ならぬ『無限天国』。

よかったらキミの挑戦を待つ。