テニスウェアハウス(Tennis Warehouse)でテニス用品購入ってどうなんだ??

こんにちはstelliterです。

皆さんテニス用品の購入、、国内の実店舗やネットショップがほとんどですよね。

もしくは個人取引(ヤフオクやメルカリなど)なども大いに利用されていることと思います。

ではこれはいかがでしょう、、

『テニスウェアハウス(Tennis Warehouse)』

f:id:stelliter:20210205071826p:plain

www.tennis-warehouse.com

言わずと知れた海外テニス通販サイトの最大手です。

一度くらいは利用されたことあるでしょうか?

いや結構『利用したことない!』という方ばかりではないかなと思います。

f:id:stelliter:20210205070643j:plain

私自身は2012年頃何度か利用していました。

テニスを始めて間もないころ、国内ショップの相場というものを知った後にテニスウェアハウスを知って『なんじゃこりゃスゲぇじゃん!』と随分センセーショナルに感じたものです。

 

ここ数年で言えば特にテニスウェアハウスに頼らずとも海外ショップからAmazon経由でいろいろと購入できるようですし(実はもっと前からなのかな・・)、以前と比較してウェアハウス一辺倒ってこともないかと思います。

 

しかしラケットやシューズ、バッグなどを国内で購入するより安く手に入れるとなったらまず真っ先に選択候補に挙げられていたのがテニスウェアハウスであったかと記憶しています。

f:id:stelliter:20210205071715p:plain

(例えばこのアシックス、、USサイズ15って日本サイズでどんだけデカいの??)

国内ではなかなか手に入らないアイテム(聞いたこともないストリングなんか特に)や海外特有のサイズ展開(G5まであるグリップサイズやシューズ、アパレルなども)は非常に興味をそそりますし、実際かなり安く購入することもできました。

 

一番お得感が大きかったのは何といっても円高・ドル安時代だったことです。

f:id:stelliter:20210205070149g:plain

私が一時期利用していた際、最も円高だった時は1ドル80円弱だったので、そりゃもうお買い得としか言いようがありませんでした。

例えばセール品ラケットが90ドルで値付けられていた場合、単純に90ドル×80円でラケット一本7200円ですからね。

シューズなんかも見たことないデザインのものが大量の在庫の中から選べるんです。しかも格安です。

 ------------

しかしですね、、もちろん気になるのが『送料』ですよね。

国内ネットショップでの購入では『○○○○円以上は無料』だったり、せいぜい500~800円くらいだったりするところが、テニスウェアハウスの場合当時大体40ドル前後だったような気がします。

この辺はこちらに詳しく解説されている方がいらっしゃいますね。

私は力量不足なのでここまで説明しきれません(笑)

tennismaterials.com

ラケットを1本購入でも3本購入でもおおよそ送料は同じ。

ストリングをロールで買ったり、ついでにシューズやアパレルなんかも合わせ買いしてもそこまで送料増になることはなかったと記憶しています(さすがに、もっとかさが増すと90ドルくらいにもなるみたいだけど)。

なので個人であっても、ある程度一括大量購入したほうが1アイテムごとの送料分の負担を軽減できます。

 

あとは

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

海外のサイトからテニス用品購入するのって品質とか注文間違いとか問題ないの??

という不安材料です。

しかし私に関しては全くと言っていいほどノートラブルでした。

一度だけ張り上げ依頼したラケットのストリングが違う銘柄のストリングを張っていたことがあって、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

わざわざアメリカ所在のウェアハウスに『これ違うストリングだから取り換えて!』なんていっても無駄だろうな・・返信すらなかったりして💦

と躊躇しましたが、しかしクレームだけでも入れとくかとメールを送ったところ、結構すぐに返信が来ました。

f:id:stelliter:20210205065235p:plain

Youが注文したストリングよりMeは『ナイスなヤツ』ストリンギングしたんだからForgive(許して)してくんナイ??

みたいな内容でした。

ちょっと可笑しくなりましたが、『いいよオッケー👍』というやり取りだけしたことがありました。

 

でもね、今はコロナ禍において何らか発送状況に影響をもたらしているかもしれませんが、ウェアハウスは対応も素早く、アメリカ~東京間というのに最短で中二日で届いたことがありましたね。下手すりゃ国内のショップより対応早いじゃんと驚いたものです。

 

注文の仕方もAmazonの海外ページで注文することができる方でしたらまったく問題ない。

f:id:stelliter:20210205065814j:plain

最近は一切購入などしていないので最新の情報はわかりかねますが、さらに充実しているのかもしれません。

 

ただここ数年は円安も停滞しているとはいえ、私が利用していた時期に較べるとやはり1ドルあたり30円近くの円安ですからね、お買い得感もだいぶ薄れています。

 

でも10年以上前のラケットをいまだ新品未使用で大量に取り扱っていたりもするところから、『国内ではもうなかなか手に入らないんだよ~』とお困りの方や、物珍しい商品にご興味ある方など、まだ一定の需要はあるのでしょうね。

www.tennis-warehouse.com

(今だこの名器が売られているからすごいもんだ)

よかったらHPだけでも覗いてみてください、、とても楽しい買い物気分を味わえます。

買わなくってもね。