アンディ・ロディック:実質『2003年で終わっていた』ミスター残念😵

こんにちはstelliterです。

今日はな~んとなくネタがなかったんですが、ちょっと思い出したようなある選手。

先日の『左手でラケットキャッチ倶楽部』ついでに、YOUTUBEで再びナルバンディアンの動画を観ていたんですが、

www.youtube.com

2003年全米準決勝のロディックVSナルバンディアン戦が私へのおススメにあがってきました。

 

この2003年全米はロディックがフェレーロ(同年全仏優勝、スペインの名選手)を決勝で破り、GS初優勝(これで終わったけどね)を飾りました(今時点男子アメリカ選手最後のGS優勝者)。

この決勝ももちろん私は拝見しております(リアルタイムではないけれど)。

www.youtube.com

そして、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

あ~、準決も観てみっか・・

となんとなく流して観ていたんですが、、

この後のフェレーロとの決勝もそうだけど、この頃のロディック、、キャリアハイの強さだな💦

本音でそう思えました。

当時ロディック21歳(かな・・)。結構若い年齢で地元のGSを制覇したわけで、伸びしろ十分。後の大活躍も大いに期待されました。

f:id:stelliter:20201211062331j:plain

前年にサンプラスも引退しましたし、アガシもそろそろ間近であろうと誰しも想定していた。

f:id:stelliter:20201211062233j:plain

よって『強きアメリカンテニスプレーヤーの正統継承者』は間違いなくロディックと皆認めていた。

f:id:stelliter:20201211062442j:plain

そう、認められるだけの強さが2003年の彼は余るほど持ち合わせていた。

 

皆さんも一度上記動画ご覧ください、、この準決そして決勝のロディックの凄み。

粗削りではあるものの、サーブからフォアへの三球目攻撃のすさまじさ。誰がブレークできるんでしょうねって感じです。

youtu.be

バックハンドやフットワーク(遅いわけではないけど、ドタドタ走ってる印象)に洗練さはないですが、それを補ってあまりある破壊力。

1stサーブは常に220~230キロを計測しており、準決のナルバンディアンなど、それほど厳しいコースに打たれたわけでもないけど、あまりの猛烈なサーブの威力に、つい見送ってしまうほどのえげつなさでした。

f:id:stelliter:20201211062807j:plain

(これはちょっと後のロディックだけど)

返ってきたとしても甘いアマイボール、あっさりフォアで決めてしまう。

この頃のロディックはフォアも思い切りがありましたね、フラットドライブなフォアを打ちに打ち込んでいたものです(引退時期付近の2010年頃は迫力のない、こってこてのスピナーになっちゃいました。)。

 

実にわかりやすいロディックのイケイケテニス。

そりゃ、アメリカの期待を一身に背負うわけですよね。

------------

f:id:stelliter:20201211063536j:plain

(ちょっと髪もかわいそうになりつつあった・・)

で、その後のロディックはどうだったか。タイトルに

『2003年で終わっていた』

なんて書いていますので、後のキャリアは散々であったのか?というとランキング的にはそんなこともない。

2005年までは常にTOP3争い、そして2008年くらいまでもランキングTOP5~10を出入りしていました。しかし徐々に後退。

引退前年の2011年には明らかにTOP10陥落という感はありましたが、ちょいちょいは再びTOP10復帰などなんとか踏ん張り続けていました。

f:id:stelliter:20201211064147p:plain

(ちょっとわかりづらいけど2011年7月頃、、おそらく最後のTOP10入りだった)

そして引退の2012年までにツアー優勝32回。

素晴らしい戦績ではあると思いますが、アメリカの第一人者としての期待度から、少しだけ物足りない。

でもアガシとかと較べられちゃ可哀そうですね(笑)

f:id:stelliter:20201211064331j:plain

------------

GSではその後4度決勝進出(全米1回・全英3回)、しかしすべて王者フェデラーにストップをかけられてしまいました。

f:id:stelliter:20201211064430j:plain

特に最後に決勝進出した2009年の全英は皆さんのご記憶にもあろうことと思います。

第4セットを奪いフルセット突入。ファイナルセットは14-16と大接戦の末に敗れましたが本当にあと一歩でした。

 

ロディックは特に対フェデラーにおいてはあまりにも悲惨なH2H(対戦成績)でした。

f:id:stelliter:20201211064515j:plain

確かキャリアで3勝21敗というかなりの『フェデラー被害者の会』の名誉会長っぷりを発揮していました。

ただ、

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

フェデラーさえいなきゃなぁ、、💦

なんていうほど当時のツアー状況は既に生温いものではありませんでした。

f:id:stelliter:20201211065001j:plain

f:id:stelliter:20201211065010j:plain

先のナルバンディアン、ヒューイット、ダビデンコ、そしてサフィンなど他のニューボールズ世代(1980年あたり生まれの選手)の中ではロディックは結構頑張ったほう。

f:id:stelliter:20201211064755j:plain

しかしながら、なんといってもすぐ下にナダル、ジョコビッチ、マレーというBIG4を形成する『バケモノ後輩3人衆』が育ってきていましたからね。

 

フェデラーがいなかったとて、ロディックがツアーを席巻するほどの選手となり得たかについては、誰も首を縦に振ることはなかったでしょう。

 

しかし2003年は全米優勝や、その年ツアー優勝6回、準優勝2回と飛躍し、同年後半ついにはランキングトップに躍り出ていたんです(こちらもとりあえず今時点で最後のナンバーワンアメリカ選手かな・・)。

f:id:stelliter:20201211065140p:plain

そしてランキングだけではなく、その圧倒的な勝ちっぷりも見事であったことから、繰り返しになりますが実に惜しい。

だけになおさら『2003年で終わっていた』と思わざるを得ない。

f:id:stelliter:20201211065308p:plain

(引退後、フェデラーに対して単独インタビュー、、素敵な写真です)

途中で路線変更することなく、愛すべき

『アメリカンバカスタイルテニス』

を最後まで実践してくれていればなぁ。

❝ミスター残念❞と銘打った私の印象、、あながち否定できないでしょ(笑)。