グリップサイズは『2』だけでいいのか?

こんにちはstelliterです。

 

国内で流通されているラケットのグリップサイズ。

もちろん1も3拝見しますけど、おおよそ2ばっかりでしょう。

ネットショップでは1~3まで(ごくたまに4)選択できるようになっていますが、きっと2以外の在庫数そのものは少ないはず。

そして実店舗さんはそれに輪をかけて、かなり2の占める割合デカくないですか?

 

何故ここまで統一感が。。。

 

男性女性いるわけで、手の大きさなんてかなりバラつきあるものです。

(👆海外は普通に5まであるよ)

1選びたい人も3もしくは僕みたいに4欲しいな、なんて人もいるはず。

 

しかし、、

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

太いのを細くすることは面倒ですから。細目選んどいてあとから太くするのは簡単です

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

2でもオーバー巻いたり、さらにもう一枚巻くことで実質4くらいまでサイズアップできます。元グリップをチューンすることでオーバーを巻かずにサイズ変更も出来ますし

なんて、ラケット本来のバランスを崩すようなアドバイスまでたまに見受けられる。


これってテニス始めて最初にラケット買う際になんとなく、、

「まぁグリップなんてなんでもいいか。。」

と、初めて手にしたラケットが2であった(確率論で言っても2になるし)ことからこだわりなく現在まで使い続けてきている。もうそれで慣れちゃってるという状況なんだろうな。

 

なのでそれほどサイズ展開を求められもしない、在庫余りが発生するのもイヤだからそのままほぼ1サイズ在庫に近い感じでも売れていく。

 

洋服はホントその人に合ったサイズになるから平均体型のど真ん中にラインナップが揃うのはわかるけど、グリップサイズは体形や手の大きさ以外に好みもありますから。

 

もうちょっと元売りがサイズ展開広げてくれると嬉しいな、そうすると必然的に僕の好きな中古市場にも2以外も結構出回るんだけど。。。