マッチポイントを握ったのと握られたのとどっちが緊張する?:『勝ちビビりか負けビビりか』

こんにちはstelliterです。

 

先日の緊張に関する記事に続いてまたも緊張関連。

www.stelliter.info

ホントねぇ、、、緊張しぃの俺だったら緊張ネタなんかいくらでも浮かんでくるわ(笑)。

 

こちらのマッチポイントの時やたら緊張する、つまりこの『勝ちビビり』なる現象。

主に格上を倒さんとするジャイアントキリング間近なときによく表現されます。

強敵相手にマッチポイントの際、、

『あと1ポイントで俺勝てる・・・』

と思ったが最後、そこからそれまで活きのよかった自分を見失い、結果逆転を許しあえなく敗戦という最悪なストーリー。

 

まさに先日の私。

別にジャイアントキリングというわけでもないしこれまでも勝ったことのある相手だったのですが、ここのところ負け越し始めた。

5-5の0-40、こちらのブレイクポイントかつマッチポイントから

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

よし、、さすがに今日はもらったやろ

と一瞬の気の緩みから崩れ始め、星を落とすという今年一番の悔しい敗戦を食らっちまいました。

 

身体が震えるくらい悔しかった。

大人なのにもう。。

 

いや、、この悔しさを失ったらテニスを辞めるときだ。

しかし、確かに15-40、30-40と徐々に追い上げられるごとに緊張が増していったのは否めません。


逆にマッチポイントを握られるときの方があまり緊張しないような。

 

『このまま負けてなるものか』という気合いの入った集中状態だからなんでしょうか、それともある意味負けを覚悟しちゃってるからなのか(そんな気はないんだけど)。

少なくとも私は負けてるとき、相手のマッチポイントの時の方が緊張しません。

こんな言葉があるか知りませんけど、『負けビビり』はしない様子。

 

まあしょっちゅう負けてっからだな(笑)。


これは人それぞれですね。

私は基本的にどちらにしても緊張していますが、まだマッチポイントを握られたときの方が緊張しないという面から、どうやら勝ちビビるタイプのようです。

 

みなさんはどちらでしょうか