強いプレーヤーは結局『正統派』だ。

こんにちはstelliterです。

 

最近、結構大会観戦する機会に恵まれましてね。

私は出てないんですが(笑)。

 

多く観戦を重ねて思うのはやはり、、

上に行く選手は皆、突拍子もないスタイルの選手はいないということ。

  • 身長が高い・低い
  • 右利き・左利き(←レフティーは確かに有利)
  • ガッチリ・細身・ポチャ

外見は何でもござれですが、結局はみな正統派なテニスをしている。

 

スピンを中心にラリーを組み立て、チャンスとあらば前に詰めボレーで仕留める。

セオリー通りに戦う。

 

かたや私のようなスライス主体や、ロブばっかり(←これは結構強いけど)という特徴的な選手が戦っているのも見かけます。

そういった選手も1回戦、2回戦くらいは勝ち上がりますが、さすがにそこから上にはなかなか行けない。

 

それしか出来ないとそうなります。

 

事実、トーナメント途中で必ず消えている。最後まで残っているということはまず無い。

大会のレベルが上がれば上がるほど顕著です。


どんなスポーツにも、

『こうあって然るべき、そしてそれこそ強い』

という王道がある。

強い選手は前述の特徴的なスタイルも出来つつ、そういった王道をしっかり基本として身に付けた者たち。

彼ら同士がしのぎを削り合い上位を占めるんですね。

 

制約の多いテニスをする人は今のうちに考えといたほうがいいよ、、

www.stelliter.info

俺みたいになりたくないでしょ??(笑)