『なんでその打ち方で???』🎾タイミング合わせという目に見えない一流の技術

にほんブログ村 テニスブログへ

こんにちはstelliterです。

『タイミングがずれた!』

『タイミングが合えば楽にボールが飛ばせるよ』

『あの人はライジング上手いよね、、タイミングがドンピシャだもん』

テニスにおいてどんなショットを打つにも必要不可欠なこの『タイミング』。

f:id:stelliter:20210215230013j:plain

正直、この目に見えないスキルのメカニズムというのは最もやっかいかもしれませんね。

  • タイミングが合ったから上手く打球できた
  • ガシャったからタイミングがずれた

ナイスショットやミスショットの最大要因とされることが非常に多い。

しかしこのタイミングが合った状態というのを本人がなかなか自覚するのもまた難しいんですよね。

ショット結果において

  • 狙ったところにボールをコントロール出来た
  • 思いのほか速いボールが打てた
  • スピンがかかった

f:id:stelliter:20210215230123j:plain

自分が意図して放ったショットが、そのままイメージ通り再現されれば、『タイミングが合った!』ということになるのでしょう。

しかしこのタイミング合わせ、、合わなくなった時の修正もまた難しい。

よくテニス指導で行なわれる、、

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

バウンドして『ワン!』、、ヒットするとき『ツー!』

といったタイミング合わせの指導方法。

f:id:stelliter:20210216065631p:plain

非常に単純明快、わかりやすい指導方法なんですが、乱れ始めるとこれでも

教わった通り声出しして打ってるのに、なんかボールがまとまらないなぁ

こんなことしょっちゅうですよね。

------------

何がきっかけで合わない、合わなくなったのかが辿れないことのほうが多いんですよ。

例えば調子のよかった昨日と調子のイマイチな今日とで、、

  • ラケットを変えた
  • 打ち方を変えた
  • もしくはちょっとどこか痛い、体調が悪い

f:id:stelliter:20210215230307j:plain

(ナダルですら時として、、、)

これら、明らかに原因となりそうな部分を自覚できているのなら特定もしやすいのですが、心当たりとなりそうな要素がつかめない場合は頭を抱えますよね。

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

昨日と何が違うってんだ??💦

同じようにボールを捕らえているはずなのに、上手く制御できない。ボールも収まらない。

------------

常に安定した成績を収めている上級者たち。

打ち方の完成度もさることながら、このタイミング合わせに抜群に秀でている方が多く、私などではとても処理しきれないボールを難なく返球したりする(難なくってこともないかもしれないけど)。

 f:id:stelliter:20210215230347j:plain

これはどう説明するんでしょうね。

確かに安定したフォーム・打ち方っていうのは必ず存在しているでしょうし、事実トッププロのスローモーション動画なんかを観れば、実に理にかなった動き、そして安定感溢れるラケットワークに映ります。

 

しかし中には『???』っていう一見不安定そうな打ち方にもかかわらず、しっかり自分のテニスを確立し、実績も挙げてらっしゃる方が存在します。

 

例えば一番わかりやすいのがフォアハンド。

f:id:stelliter:20210215225206j:plain

(ご存じロジャーの神フォアハンド、、実にきれいな面使い)

ラケット面を伏せ気味なテイクバックからフォワードスイングに向けて徐々にラケット面が上を向いてきてボールをヒットする、、今やすっかり基本中の基本とされています。

この一連のラケット面の動きがトップスピンを再現させるメカニズムに実に適していて、ボールに安定感が生まれるんです。

しかしそういったスイングでなくとも、フォアハンドを武器に戦っているプレーヤーもいますからね。

f:id:stelliter:20210215224607j:plain

このデルポトロ選手のフォアハンドなんかは一見安定したラケット面の軌道には見えません。

下向きから徐々に上を向いていって、、ではなく

いきなりラケット面をやや上に向け

        ↓

インパクト前に一瞬だけちょっと下に向いて

        ↓

そして最後に垂直面でボールにヒット

youtu.be

かな~り説明に困るスイングなんですが、ご存じの通り彼のスーパーウェポンはこの強烈無比なフォアハンドです。

ただ速いだけじゃ世界のトップにはなれませんからね。

攻めに守りにいろいろと対応できることは大前提の上で更にプラスアルファを兼ね備えたフォアハンドであるからこそ、デルポトロは全米も制したし、あの位置まで(3位?4位かな・・)たどり着いたんです。

 

確かにボールをヒットしやすい打ち方というのは存在するのでしょう。

けど結局デルポトロの例のように、スイングどうこうではなく常にタイミングをバッチリ合わせる技術が身体に染み込んでいる。

そこに付け加えて、デルポトロもきっと今の自分のスイングでしかタイミングを合わせられないようになっているに違いありませんね。

 ------------

色々なスポーツにおいてタイミングというのは欠かせない技術です。

f:id:stelliter:20210215225640j:plain

f:id:stelliter:20210215225729j:plain

格闘技なら、少ない力で相手をノックアウトしたり、スキージャンプの踏切りもタイミングドンピシャであったなら、一気にバッケンレコード樹立。

そしてテニスも含む球技全般などは、タイミングという要素なくして高パフォーマンスを成立し得ないものばかり。

というか球技の超一流の選手たちはタイミングの鬼にして極めまくっている。

f:id:stelliter:20210215224356j:plain

イチロー選手の振り子打法(こういう名前でしたね)なんかどうでしょう?けっして基本に忠実な打法ではないかもしれませんが、結果彼はプロ野球の歴史上類を見ない選手に(いや、世界かな👆)昇りつめました。

 

デルポトロもイチロー選手も『どうしてあんな風に打てるんですか??』と聞かれたらなんて答えるんでしょうね?

f:id:stelliter:20210215224108j:plain

 『さあ、、、わかんないけどとりあえず練習すればいいんジャン??』

きっとこう言うことでしょう(笑)