もうオワコン(←古)なのかな:クローズドスタンス

こんにちはstelliterです。

 

珍しくスタンスのお話。

 

  • オープンスタンス
  • スクエアスタンス
  • クローズドスタンス

大きくこの3つにわかれます。

 

それぞれの間にさらに中間的なスタンスが混ざり合うことは当然。

色々なテンポで飛んでくるボールに対応するには微調整が必要ですから。

 

されど昨今のテニスにおいてはオープンスタンスが常識とされますよね?

  • 足の位置が素早く決まる
  • 前後左右の急な動きに一番対応しやすい
  • 股関節から上の捻り戻しで十分ボールを強く叩ける

いいことずくめ、まさに現代のスピードテニスにマッチしています。


でも私が一番調子が良い時にしっくりくるのが、バリバリ古めかしいクローズドスタンス。

グリップが薄いから身体の前目より横で打球することが多いので、どうしてもクローズドがビタッ!とハマる。

 

調子が良い時って長くボールを見れている。なので身体にボールを呼び込んで打つ余裕が持てているからついクローズドで打つ。

 

オープンと較べて準備に時間がかかるというのがクローズドの最大のデメリットですが、メリットもありますよ。

 

足が決まっちゃってるから強制的に身体が一定以上開けない。

だからスイング軌道が固定されやすい。

固定と聞くと良くない印象かもしれませんが、逆に安定するともいえます。

 

オープンスタンスなんて腕を如何様にも振り回せるでしょ、、超可動域が広いから。でも反ってこれが安定感のなさに繋がるんですね私の場合。

センスないもんで。

(👆超カッコええけどね、オープンも)

若い人たちはオープンでブンブン振り回してもキレイにコントロールするけど。

 

男性も女性も関係ないようですね。

以前に最強クラスのテニスブロガー、

tylertennis.hatenablog.com

タイラーママ様と何度かお手合わせいただきましたが、ママも厚めのグリップにセミオープン~オープンスタンス。

ホントに余裕のある時以外はすべてオープンで打ちまくってらっしゃるような。

 

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

お~、さすがはアメリカで習うてきよった人はちゃうなぁ~

 

と感心したものです、、今の私と全然真逆なテニスでね(笑)。


あとさ、、、クローズドだって結構カッコよくない?

(👆恐ろしく昔の最強選手、ビル・チルデン)

どうだこの紳士的なクローズド。

ホントに往年のシブいスタイルって感じで。

 

まあクローズドスタンス、スピードテニスには対応しづらいかもしんないけど、うちらみたいなベテラン組はそんなぶっ飛んだボール飛んでこないから。

 

古いからって捨てたもんじゃないっすよ。