なぜスライスサーブは勧められるのか

こんにちはstelliterです。

 

初心者から上級者まで幅広く勧められる『スライスサーブ』

f:id:stelliter:20211222062429j:plain

元々スライスサーブはボールの軌道上スピンサーブに較べ確率的にそれほど優位なサーブとは言えないはずなんですが。

f:id:stelliter:20211222062517p:plain

(👆どうみてもスピンサーブのほうがコートに収まりそう)

しかしそれでもおススメされる理由、それは👇

  • 身体への負担が少ない
  • ある程度スピードが出せるし調整もしやすい
  • 慣れれば心理的負担も少ない(置きにいける)

こんなとこですか。

確かに身体への負担が少ないってのは大きいですよね。

f:id:stelliter:20211222062632j:plain

(👆ライズさんの写真、わかりやすい)
身体の右側にトスを挙げることで肩の位置をそれほど高くせずに打球出来ることから、特に年配の方、非力な方、女性にとにかく重宝されています。

 

しかし個人的にもっと大きな理由と思うのは👆の箇条の最後、、、『心理的負担が少ない』です。

 

サーブはある程度振り切って打ちたい。でも心理的負担も減らしたい。

f:id:stelliter:20211222062330p:plain

となったらですね。。

 

フラットサーブは論外。

f:id:stelliter:20211222063501j:plain

打つけど止める、、行こか戻ろか(甘辛煮か?)みたいなワケわからん技術が求められちゃう。

 

スピンサーブはどうか。

心理的負担という面でスピンサーブって辛くないですかね?実際のスイング軌道はともあれ、プレーヤーは『下から上に打ち上げる』という感覚で打つ。実際そのように教わることが多いしね。

しかしそれがプレッシャーがかかっている状況で実践できるかというところでつい躊躇する。

f:id:stelliter:20211222062831j:plain

(👆めっちゃ敷居高そうな打ち方と思う)

何しろ高く打ち上げるという感覚が、

オーバーしちゃうかも💦

というバッドイメージに繋がりやすく、よっぽど打ち慣れていないと敷居が高く感じてしまう(ような気がする)。

 

で、最後のスライスサーブ。

スライスサーブは打ち上げるというより、横に振り抜く。何ならコート下に向かって打つイメージすらある(特に年配の方ってそうじゃないですか?)。

f:id:stelliter:20211222062801j:plain

『置きにいける』ような安心感も併せ持って振り抜きやすい、、、だから皆さん使っているんじゃないでしょうか。

 

おまけながら、スライスサーブはフラットに近いボール軌道であることでスピードも出しやすいし、何よりスピードの加減もやりやすい。

f:id:stelliter:20211222063108j:plain

いうことなしの万能サーブってのはこういった理由なんでしょうね、そりゃ勧められますわ。