テニスとボディメイクの決定的な『結果の違い』

こんにちはstelliterです。

 

まさになんじゃこのタイトルは??って感じでショ?

先日お初の参加者さんに、

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

かなりイイ身体してますけどなんかやってるんですか?消防隊員かと思いました💧

とお伝えいただき嬉しかった。まぁいつも褒められるのはココまで。

 

テニス始まっちゃえば、、、、???だから(笑)。

 

『テニスとボディメイク』

ボクはどちらも超中途半端に趣味として行なっています。

 

特にボディメイクの方は別にコンテストに出るわけでもない、年甲斐もなくなんの意味があって、そして何を目指して身体鍛えてんの?とよく聞かれます。

(👆生stelliter)

でもテニスと同じでやっぱり結果が見えてくると嬉しいものです。

 

で、その結果とは?

テニスとボディメイクはその結果の見え方が決定的に違う。


テニスの成長は目に見えにくいです。

やってる本人は、

『このショットが打てるようになった!』

『サーブの威力が増した!』

と手ごたえを感じつつも、いざ実際に試合を重ねてみると、ぜんぜん勝てなかったりする。

人に依りますけど、テニスの具体的な結果ってやっぱり長いスパンで見たときの戦績とか大会実績じゃないですか?

 

そうじゃないという人が大多数だろうけど、俺は違うと思う。

 

テニスはスコアを競う競技です。

コートの向こう側にいる対戦相手にスコアで勝たなければただ負け犬の遠吠え。

しかしそのスコアはこっちの調子、相手の調子によって左右される。

なのでテニスは明確な手ごたえとしての成長を感じ取りにくいことも事実。


かたやボディメイクは誰がやっても圧倒的に結果が出やすい。センスとかも関係ない。

 

必ずその人なりのサイズ(太さ)・絞り・そしてフォルムという身体つきに表れます。

(👆生stelliterその②脚)

そして挙上出来る重さが上がってくることもまた嬉しい、如実に数値で表れますからね。

 

そこに対戦相手はいません(時にライバルの必要はあるけど)、自分一人でもやればやっただけの成果がある。

ここが『鍛えてなにが楽しいの?』という質問への揺るぎないアンサーになるんです。

だから続けられるんですよ、まぁ続かない人のほうが多いんだけどね(笑)。