脱中級テニス🎾調子が良くないなりに戦う

こんにちはstelliterです。

 

その日その日でテニスの調子って変わりますよね。

フォアだバックだサーブだと、何かしらのショットがちょっと調子が良くないということは日常茶飯事。

今日はぜーんぶダメ、、なんて日は無いと思いますが、特に自分の『要の』ショットの調子が悪い日ってのはあるもの。

 

しかも大会でそういった日にブチ当たると、、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

オイなんだよ、大事な時に~😣

みたいに焦る。

こうならないためにはどうすればいいのか。

 

『絶対に破綻しない自信のあるショットを持っておく』、もしくは、『自分のプレーレベルを下げる』


私の場合だとバックのスライスはあまり崩れるということはありません、皆さんもどっちかと言えばバックの方が安定してるんじゃないですか?

フォアもキメのショットとして使いますが、たまに破綻します。

なので全体的組み立てのなかでもフォアを補うためバックでしのぐというのはよくあること。

なんならバックに回り込むことすらある。

 

こちらがダメでもこちらで一応は戦える、今日はそれでしのぐ。

意外にこれでも勝てるもんです。


そしてもう一つ、こっちの方が重要です。

『自分のプレーレベルを下げる』

 

調子がイイ時よりもっと簡単にプレーする、ゆったりと技術的敷居の低いショットでゲームを組み立てるってことです。

スピードを出したり、無理に角度をつけて難しいボールを返そうとしないこと。

 

これ実践するとめっちゃフラストレーションたまりますが、

『この日はそういう日なんだ』

と割り切ることが大事です。

 

欲張ったらアカンという意味ですね。


こういうテニスが出来るようになると少なくとも、格下には取りこぼさないから。

この考え方、大会とかで勝率上げたいなら超重要です。

 

そもそも調子悪いんでしょ?これで負けてもその日は仕方ないんじゃん、相手が強かったなら尚更です。