脱中級テニス🎾『勝ったヤツが強い』、結果の出し方なんて人それぞれ

こんにちはstelliterです。

 

『結果的に勝ったヤツが強い』

よく耳にする言葉ですね。

いかなる勝ち方であれ、ルール違反を犯しているのでなければこれは競技である以上、どうにも覆せない事実です。

www.stelliter.info

 

話は変わりますが、凄腕のコーチはこれから教え子になろうという生徒を、ちょっと見てすぐに

『この子は才能がある』

『こりゃモノにはならないかなぁ』

とすぐに分かるものでしょうか?

まぁ俺は凄腕コーチじゃないからワカンナイけど、そういう人はわかるのかも。

 

では、

『この子は将来勝ち上がる、TOP選手になれる』

これはどうでしょう?

それはちょっと難しい気がします。

 

ちなみに私はまったく見分け、、というか人を見る目はありませんね。

テニスはおろか仕事でもそうです(笑)。

 

部下のほとんどすべては自分で面接し入社させていますが、コイツはデキるだろうというやつが『あれれ?』ってこともあるし、その反対もまた然り。

もちろん見た目通り仕事ができる奴もたくさんいますけどね。

 

要は人の深いところ・本当のところなんて、ちょっと見じゃ誰にもようワカランちゅうこと。

 

じゃあ何をもってその人の最終形を見通せるのか。

そんなの結果しかありませんよ。


強さを感じさせるイメージは人によって異なります。

テニスにしてみてもそうです。

ちょっと古い話ですが、マイケル・チャンが全仏を17歳で獲るなんて当時全員が想像できたでしょうか?

ちょこまかコート狭しと走り回るチャンのプレーは目を見張るものがありますが、あまりに小柄。

しかし世界一大変な舞台、しかも力のいるクレーで彼はやってのけました。

 

アガシが獲る最初のGSがまさかウィンブルドンだなんて誰が想像したんでしょう。

ライジングショットを武器に早い展開を得意としていますが、基本ストローカーであるアガシ。

GS獲るにしたって普通全仏かせいぜい全米って思うでしょうに(まぁこれは4分の1の確率で当たるけどw)。

 

当時のチャンやアガシに負けた選手たちは

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

ちぇ、、ラッキーだっただけだよ

と後ろ指刺したかもしれませんが結果勝ったのはこの二人、強かったのもこの二人(現に4回戦でチャンに負けたレンドルは嫌み垂れてたらしい)。

 

見た目の条件的に『とてもとても👎』と思われていたとて、最後の最後、結果を見て初めてその人の実がわかるんです。

 

どんな変則・変態プレーでもいい(変態は言い過ぎかw)、結果の出し方はなんでもいい。

『勝ったヤツが強い』