現役戦士(選手)に学べ:『生きたテニス指導』

こんにちはstelliterです。

 

最近参加をご無沙汰しておりますが、私の地元にある練習会(おそらく破門になったかな、最近諸事情あって行ってないから)

スクールなどには懐疑的なstelliterが、ここの練習会だけは唯一参加させていただいていました。

 

なぜそう思ったか。それはこの練習会の師匠(指導者さん)、、

『常に大会参加にスーパー積極的な現役戦士(選手)だから』

これが理由です。

この師匠、私よりも少し年齢が上。

そして周りの方から言わせても間違いなく全日本クラスの腕前と評価されています。

常に優秀な門下生たちと同大会に参加(もちろん俺は入っていないww)。

当然ベテランクラスなんか出やしません、一般のオープンクラス、そしていつも戦績を残して帰ってくる。

 

この、『自らが率先して大会に出場している現役選手の指導』というのに価値がある。


レッスンやスクール・クラブ運営で忙しくてとても試合なんか出れない凄腕コーチもいることでしょう。

しかしワガママを言えば、出来れば試合に出続けている人の指導こそ受けたいと思いませんか?

 

そういった方たちのほうが『今、戦っているリアル』を伝えてくれるような気がするからです。

自らをブランディングしようとしている姿勢もまた素晴らしいと思いますし。


モノづくりをしている私は、かつて10年も20年も前に現場を退いた社長や先輩社員にモノの触り方なんて教わりたくありません。

いくら当時は優れた技術者であってもです。

総括的な会社運営であればよろこんで指導頂戴しますが、こと『モノをつくる作業』に関してであれば遠慮します。

 

常に『今モノをつくっている、戦い続けている人』に教わりたい。

 

なので私もまだ可能な限り現場でモノを触り続けています。

時に部下から逆アドバイスをもらったり、同列でモノづくりを語り合いたいじゃないですか。

 

安直な理由だけどわかってもらえると思います。

 

あ、そういや師匠、、まだ破門扱いじゃなかったらまた伺わせてくださいm(__)m