読者さんと対戦パート3その③『お!?雨あがってんじゃん??』

こんにちはstelliterです。

 

さて、、

www.stelliter.info

www.stelliter.info

お天気には勝てない。時間はあったのでお茶会だけして、読者さんを駅までお送りした帰りでした。

 

一件仕事の業務連絡を行なった後、自宅方向への帰路は2か所目に行ったコートと同じ道。

気が付けば雨はほとんど上がっている。

でもまぁ水たまりは無くなってないよなぁ。。。。

なんて思いながら、コートが近づいてきた時、おもむろに車速を落とし視線をコートにむけたらですね。

『水たまり、まったく無いやん!!』

 

もちろんコートそのものは水は含んでいるでしょうけど、それはちょっとした雨上がりのオムニでは普通のこと。

やるじゃねぇかこのコート!

www.stelliter.info

すぐコート方向に車を向かわせ緊急停車、、すでにお伝えいただいていたTさんのケータイに即TEL。

トゥルルルー、トゥルルー📞(電話の音のつもり、、いつの時代だよ)

f:id:stelliter:20200612223414j:plain
Tさん

はいもしもしー

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

あ、Tさんですか、Kです。今どちらです?もう電車乗っちゃいましたか?

f:id:stelliter:20200612223414j:plain
Tさん

今さきほど送っていただいた駅の次の駅で停車中です

ホ、、まだ遠くへは行っていなかった模様。すぐに事情を伝え、私がすぐコートの管理事務所にコートの予約状況(まぁ人っ子一人いないけど)を確認し折り返すまで、いったんその駅のホームでお待ちいただくことにしました。

f:id:stelliter:20200612223414j:plain
Tさん

わかりましたー!

Tさんは事情を呑み込んでくださり、私はすぐ管理事務所へ駆け込み、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

こんにちは、予約状況どうですか?空いてませんか?


管理人

〇コートは15時から空いてるけど、、、また降ってきたらすぐコートに水溜まると思うよー

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

いや、私たちはそれでも大丈夫なんですが、使用OKですか?


管理人

あなたたちどうこうじゃなくて、水たまりができた状況で使用するとコートの劣化が進んじゃうから、、、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

そうですか、、でも今の状況でそのままであれば使わせてもらえるんですよね?


管理人

ギリギリなとこなんだよね、使用判断が

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

・・・・エエから使わせんかいボケが!!😡

いや、もちろんこんな言い方しませんけど、物凄い圧を感じ入ってくださったのか、スタッフさん、、


管理人

じゃあ、、、、、いいよ💦

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

ありがとー🤗

 

すぐにTさんに折り返し連絡、駅まで再び拾いに行き、コートへUターン。

 

完全にあきらめていたこの日の対戦。しかし奇跡的に雨、水捌け共に持ち直した。

 

いや、奇跡じゃないね。

俺はこの区に相当コート代落としてるし、こんだけコートに向かっている。

なのでこれくらいの運は持っていて当然と思ってる。

 

さぁ、二転三転でどうにか舞台は整った(ホントどうにか)。

Tさん、、決戦です。

 

続く。