微妙な空気感の女ダブ開催:過剰な謝罪

こんばんはstelliterです。

 

先日、いつものようにサシシングルスを開催していたところ、お隣りのコートは女性計6名による女ダブ練習を開催されていました。

年齢は40代から50代くらいの素敵な淑女様たち。練習からゲームまで固定メンツ。

 

で、特にゲームに入ってからなんですが、とにかく1ポイント1ポイントごと、、

『間違えちゃった!』

『前に詰めてなかったワ』

『今のは私のボールだよね!』

『あ~下手だわ~』

各プレーにおいて自分のミスと認識したポイント後にこれらコメント。そしてその前後に必ず『ゴメーン!』がもれなくセット。

 

思わず、、、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

そ、、そない謝らんでもエエんちゃうか?💧

過剰なまでに繰り返してる。

 

www.stelliter.info

👆先日記事のこの主催者さんはもちろん男性、まあここまで自らのミスを開き直れともいわんが。


『微妙な空気』とタイトルにしたのはこの6名さん、古くから勝手知ったる仲、、という感じでもなく、かといって当然初対面でもなさそう。

 

ちょっと各々が独特の距離感を保ったまま、かつお互いを尊重し合いながらダブルスゲームに興じてらっしゃったんです。

どおりでやや他人行儀、、男性にはない女性特有の気遣い気配り。

 

でもねぇ、、そんなに謝りあって楽しめてんのかしら。あくまで作法として言葉に出してるだけなハズ。

それともこれはこれでオッケーなのか。しかしずいぶんと疲れそうなもんですね。。。


当ブログの読者様はおそらくですが、95%は男性かと存じます。

ですので今回記事も一部の奇特な女性wwを除き、男性オンリーがお目を通してくださるものと信じております。

 

他意はございませんゆえ悪しからずです。