脱中級テニス🎾船頭さん(指導者)は二人要らねぇ

こんにちはstelliterです。

 

誰かに何かを教わるとき。

情報が多すぎると困りますよね。

自分にまだ知識がない状態だと、昨日はAさんにこう言われ、次の日はBさんにこう言われ。

二人とも間違ったことは言っていないし、良かれと思ってのアドバイスなんでしょうけど、教わる方はたまったもんじゃありません。

 

船頭さんが二人いちゃ、どこの港に行きつくのかわかりゃしない、、っつーか行き着かない可能性すら危ぶまれる。


テニスでも同じではないでしょうか。

各クラブ、スクールにもたくさんのコーチ陣がいらっしゃるでしょう。

誰に教わるかで生徒の成長に大きく影響するのはモチロンです。

 

しかし、複数人にあれやこれや指導されるほうが厄介。

 

もし時間が限られているのならなおさらそう思います。

『来週の試合までにサーブだけでも入るようにしとかないと。。』

まずは目の前の一球のサーブを入れるのに、ゴチャゴチャ説明は要らん。

 

なんでもいいから一つだけ徹底して身に付けりゃいいんだから。

最高な指導、100%効率の良い指導ではないかもしれませんが、あっち行ったりこっち行ったりするより全然マシ。

 

プロですら自分のチームに船頭は何人も置かない(と思う)。だからナダルはトニと(モヤがいるから)、ジョコもバイダと(ゴランがいるから)別れそれぞれ道を一つに絞ったんだと思う。

 

うちらなんてなおさら取っ散らかっちゃうかもね。