脱中級テニス🎾コートは『長く』使う。

こんにちはstelliterです。

 

クロスの展開。

テニスの醍醐味ですが、実は意外に安定していますよね。

ネットの低いところを通すからネットミスは少ない。

そして長手方向にもバックアウトの確率も減る。

 

テニスコートは普通に直線であれば23.77メートル、しかし対角線に取れば最長で25.15メートルにまで伸びる(ダブルスコートだともっと伸びる)。

約1メートルくらいはロングでもクロスコートに打つ分にはバックアウトを防げるということになります。

『たかが1メートルっしょ?』

と思うあなたはアホ。

 

普段自分が打っていて、、

『あ、、これはアウトだろうな💦』

と思うボールでも1メートルオーバーって結構少ないものです(もちろんナシってことはないよ)。

 

なのでこの1メートルというマージンは非常に大きい。

 

じっくり相手と対峙し、『100球ラリーしようじゃねぇか』の精神を常に念頭におくようにしているstelliterとしてはクロスの展開は望むところ。

こうでないと、たまに打つダウンザラインが活きないからね。

 

せっかく縦長なコート、、長~く使ってあげましょう。