無風時のプレー環境は単なる特別ボーナス。

こんにちはstelliterです。

 

風っていうのは暑さ寒さよりももっとテニスに影響を与えます。

人によってはサーフェス以上だったりして。

www.youtube.com

こないだのインディアンウェルズ、ナダルVSアルカラス戦。

可哀そうなくらいの強風、、、歴戦の雄ナダルをもってしても、風の影響でボールをコントロールするのに一苦労していました(結局勝ったけど)。

 

髪のセットもちょっとかわいそうなラファ。


さておき、本日早朝のテニス。

 

非常に快適でした。

お天気、温・湿度とも。

f:id:stelliter:20220409063640j:plain

そしてなにより無風に近かった(葉っぱはすごかったけど)。

 

何気なくプレーしていてふと

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

あ~、なんか。。。。今気づいたけど、無風状態か今日

 

もちろんMAXに集中できていた場合なんてのもあるんでしょうけど、自身のプレーに関することに意識が行っている時(次こうしようみたいな作戦だとか、ミスしないようにとか)というのは、裏を返せばその日のコンディションに影響されていないという事。

 

風だけの話ではありませんが、とにかく気が付かなかったわけですから。

 

でもこれが普通の状況だなんて思っちゃいけないんですよね。

www.stelliter.info

 

昔の気候と今の気候、、そんな違うわけもないんですが、もはや風が吹いていない環境下でプレーするなんてありえない。

f:id:stelliter:20220409124846j:plain

風向きと強さを常に感じ、どこにどれくらいの強さで打つのか。

これらを常に『込みで』プレーしないと。

 

無風時のプレー環境なんて単なる特別ボーナス、、、そうそう続きません。