脱中級テニス🎾ミスの後の原因探りは必要なのか

こんにちはstelliterです。

 

久しぶりにタイトルに冠号をつけてみた(笑)。

 

さて、先日対戦いただいた方。

 

身体が開いちゃってんだよなぁ。。

もっと『こう』振り抜かないといけないんだけど。。

などなど、ミスした後にスイングのやり直しをしたり言葉に出してミスの原因を確認している。

f:id:stelliter:20220117220610j:plain

以前、ミスした後とった行動の意味は?みたいなことを記事にしました👇

www.stelliter.info

 

別に上記記事の焼き直しってわけではないっスよ(笑)。

 

ミスした後、次はどうやったらミスしないかを考える理由。

 

やっぱり安心したいんでしょうね。

f:id:stelliter:20220117220736j:plain

  • こう打ったからミスしたんだ。
  • それが原因なんだ。
  • だから次はこうスイングすればミスしないんだ。

と、安心したい。

頭で考え噛み砕きたい。理解していれば不安になることはないからでしょう。

 

でもねぇ、、、そんなことでミスしなくなったら苦労しないし。

f:id:stelliter:20220117220147j:plain

技術の底上げのため数打って練習し、『自信をつける』というのならわかりますし、とても大事なことだと思います(俺に最も足りていない部分)。

 

でもその場で頭で考えて『こうすれば次はミスしない』というのを打ち方で解決しようとするのはナンセンスでしょ。

 

それって教科書を手にしながらボールを打てばミスしないって言ってるようなもんじゃないですかね。

f:id:stelliter:20220117215312j:plain

その場で振り返り、頭で納得したら次はミスしない?

言うまでもないっスよね、、ミスする不安なんか一生拭えねぇよ、、

そんな安心アテにしてないで、死ぬほどボール見て追えって感じです。