糖質制限にも個人差あり:ご注意ください、、、テニスもままならなくなりますよ

こんにちはstelliterです。

 

昨日、腰痛や足痛などの外傷ではなく、しっかりと自覚している体調不良に見舞われました。

朝からどっぷりと身体全身にけだるさを感じながらも、なんとか業務終了。

f:id:stelliter:20210603063538j:plain

午後7時からのナイターに向けしばし車内で休憩。

友人にくだらないLINEトークにお付き合いいただいていたものの、

『この震えと肩回りあたりに感じるけだるさは、、、』

と不安に見舞われていました。

 

そしていざコートに立ってみたものの、いつもより異様なまでに身体が重く、ボールに追いつけない。

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

こ、、こんなstelliterは、、おかしい🤢🤢🤢

f:id:stelliter:20210603063509j:plain

集中力も極端に欠如し、サーブなんかは入る気がしない。

負け同然の引き分けに持ち込むのが精いっぱいでした。

----------ーー

これは突発的なものではなく、先週あたりから如実に感じていました。

週末の業務中においては後輩どもに、、

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

Kさん、、あしたのジョーみたいになってますよ💦

とまで指摘されました。

f:id:stelliter:20210603055640j:plain

(真っ白な灰に、、、)

10分休憩の時にイスに座ったまま前のめりになっていたんですね、気づけば。

 

そして昨日は特に悪化、、しかしこの近々の身体の変化は心当たりがあるもので。

明らかにこの数か月の、やや行き過ぎた『糖質制限』がもたらした可能性があります。

f:id:stelliter:20210603063750j:plain

一日に摂取する適正な糖質量を、私の体格を元にした一般的な計算に加え、普段の運動強度も試算に入れたところ

500~700g

が適正なようです。ちょっと多いような気もしますが。

 

しかし直近、、少なくともこの2か月間の平日私が摂取している一日の糖質摂取量は

100~150g

個人適正の5分の1ほど、、もちろんこの間トレーニング量は減らさない。

余談ですが、世には一日の糖質摂取量を30~60gまで下げるという『スーパー糖質制限』なる極度に糖質を摂らないダイエット方法があるらしく、私的には

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

これ実践してる人たちって運動はおろか、ほとんど椅子から立ち上がらないとか布団から出ない生活してんでないの??

というくらいカロリー消費の少ない方向けのダイエット方法じゃね?と思ってしまいます。とても日常生活送ってるとは思えない💦

一日糖質摂取量30gなんて、、猫かよ🐱

ともかく私にとってこのしわ寄せがようやく体調不良となって現れ、昨日ついに本格化。

 

週末の日中のみしっかり栄養補給するものの、平日においてはどうやら現在の糖質摂取量は個人的デマンドに差し支えるほど少なかったのかもしれませんね。

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

最初から少なすぎるってわかってたんでしょ糖質量??

その通りですね。

昨年から今年にかけ、停滞していた身体的数値にテコ入れすべく、自らの肉体をもっていろいろと試してみたかった、、というところでしょうか(体脂肪率とかトレーニング中の数値とかね)。

 

しかし一日をデスクワークで終える人ならまだしも一応はアホほどテニスし、またトレーニング(実は会社でも朝イチからやっちゃってる)もやらせていただいてますから、この状況は少し身の危険を感じざるを得ない。

f:id:stelliter:20210603070031j:plain

(夜な夜な工場内に無理くり懸垂台を設置)
ましてやテニスにおいては満足にボールを追えないまでにプレーレベル、集中力ともに低下するというのはさすがに度が過ぎちゃったか。。。

先月の健康診断でも

f:id:stelliter:20210603063131j:plain

うん、あんた貧血だね、、気を付けたほうがいいよ

と、指摘されちゃったし、、鉄分も足りてねぇってか。。。

食う時は食わんと、楽しみにしている『長時間テニス企画再び』も再現できない。

ここらで人体実験はひとまず見直した方がよさそうです。