脱中級テニス🎾強気でも弱気でもショット結果なんてそう変わらんだろ

にほんブログ村 テニスブログへ

こんにちは、最近開き直ったテニスをしまくっているstelliterでございます。

 

いきなり開き直っているなどと申し上げましたが、少し意識が変わってまいりました。

なんとなく自覚できているのは、

『攻めも守りも何故だか強気』

ということ。

f:id:stelliter:20210425065417j:plain

基本的にはビビりな私。でなきゃスライスマンになどスタイル変更しなかった。

しかしそのスライスにおいても攻めを考えて組み立てている。

バンバン攻め込まれているときはさすがに防御一辺倒になりますが、それでも姿勢は常に迎え撃っている。

 

ダブルブレークポイントを握られた際や、逆にこちらがブレークポイントを握った場面などにおいてかならず自分に言い聞かせる言葉が

ここで強気になっても弱気になってもショット結果なんてそう変わらんだろ

これをブレークポイントを握られた際のサーブのアドレス時などに思いっきり心に唱える。

f:id:stelliter:20210425065943j:plain

(強気の象徴、マリア様)
そうすると何故か思い切れるんです。

もちろん結果が激変しているわけではありません、、やっぱりアウト・ネット、そしてダフォだってやらかすものです。

でもね、、

『ほら雑になった~』

とか

『もっと慎重にいかないと』

って気もさらさらない。

 

なぜなら

『たぶんどっちの心境でボールを打っても結果はそんなに変わんねぇからさ』

今更になってこういうマインドを持ち始めましたからです。

むろん、、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

ここで逆転負けはいやだな~

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

格下に負けるのもいやだな~

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

このポイント取れればジャイアントキリングだ!

などなどの私欲は変わらず持っています、常に己の根底にある雑念です。

こういった場面でミスしたら悔しいし、まくられることもあります。しかし選択した決断が導いたショット結果に冷静さを失うということにも不思議とならない。

f:id:stelliter:20210425161605j:plain

(前向き以外の何者でもない土魔人、ナダル)

昨日今日で人間そんなに進化も劣化もしませんよね。であればごく短時間、1ポイント1ポイントの間に急激に技術がアップダウンすることなど、なおさら考えにくいもの。

ナイスショットもミスもその日最大限の自分が放った結果です、なので少なくとも『弱気にならなければいけない理由』など存在しないはずです。

 

テニスを続けるにおいて一番の目的は楽しむこと。その大前提を満たすのに一番必要なのはどういう状況においても前向きな気持ちです。

『強気でも弱気でもショット結果なんてそう変わらんだろ』

大事にしたいものですね。