テニスは何があってもその瞬間『夢中になっている』

こんにちはstelliterです。

今日はほぼ文章のみ、、、恐れ入ります。

 

 

f:id:stelliter:20210413081434j:plain

テニスの予定というのはあらかじめ決まっていることがほとんど。

もちろん前日にプレー機会が決まったり、なんなら当日急に

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

やった、コートが空いていたから緊急招集!

なんてこともありますが、それは稀なケース。

一人で完結する活動であれば自由に予定を変更すればいいだけの話なんですが、テニスには相手が必要です。しかも私の場合、一人の欠員が発生しても成立し得ない開催内容が100%に近い。

となるとかなり事前に

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

都合が悪くなりました、ゴメンナサイ💦

と決め打たないとあらゆる方面にご迷惑をお掛けすることとなってしまいます。

なので基本的にはよっぽどな状況に陥らない限り、自開催においては『決行する』のがstelliter流です。これは信用問題であるとも心得ているし、自分が納得いかないというのもあります。

テニスをたしなんでらっしゃる方には多少の理解を得られる事情であると思っていますが。。。

------------

昨年後半、ちょっと身辺でいろいろあった時期がありました。

仕事においてもプライベートにおいてもです。

中には『取り返しのつかない』事態につながっていたかもしれない、そこそこ大変な案件もございました。

 しかしですね、先までの理由もあって直前変更が利かないと判断した場合は常に『コートに向かう』私。

普通は

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

どういう事情か知らないけどそんな緊急時じゃ心境的に落ち着いてテニスなんてできないんじゃないの??

と思われそうなものです。

しかし振り返ってみるとどう思い出してもこうなんです、、

『プレー中は本当に夢中になっている』

 

身辺において如何なる状況であってもとにかくコートにいる間、いや少なくともプレー中はすべてを忘れてボールを追いかけている。

それは勝ってるときでも負けてるときでも局面は関係ありません。

緊張・焦り・高ぶり、いずれの感情を伴っていたとしても『ボールを打ち返す』という瞬間に個人的事情が入り込む余地がない。

不思議なものですね。

これはいい事であるか悪い事であるかはわからないですが、テニスに限った話ではありません、わかる人はわかってくれるかも。

分別ある大人がたかが余暇で楽しむ趣味にそこまで入れ込むなんて、興味のない人にしてみれば

よく平気だね

と思われても仕方ないです。

 

 私のようなケースはこれはこれでちょっと考えものかもしれませんが、皆さんにおかれましてはテニスをいいように活用していただきたいです。

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

テニスなんかしてる場合じゃねぇだろ!

もちろん状況がすべてにおいて優先されるとは思います。

しかし仕事やプライベートで何か嫌なことがあっても、プレー中はとにかく雑念を振り払って楽しめる。

そうした思考の切り替えがプレー終了後、他方面にもよい影響を与えられることになれば最高ですね。

 

少なくとも私個人は、少しでも心の拠り所となれるテニスをまだしばらく愛し続けるんだろうな。