『テニス教えてください!』:ホントに思っているだろうか

こんにちはstelliterです。

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

誰々さん、テニス教えてくださいよ~、ぜんぜん上手くなんなくって💦

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

どうやって打ってるんですか??

このようなやり取りをプレーヤー同士がしている。まあ普通の光景です。

f:id:stelliter:20210325073825j:plain

いきなりですが皆さん、今現在誰かに『テニスを教わりたい』と思っていますか?

テニスを教わるといっても本当に広義な視点で考えると2つに分けられると思います。

  1. スイングやフットワークなど、身体の使い方やボールの具体的打ち方
  2. どこにどうボールを打つと効果的か、有利にゲーム展開できるか、弱点の指摘など、総体的な戦術面           

もっと言えばメンタルに関する部分などもありますがこれは今回は対象外。

なのであくまで上記2つに絞ってみました。

そしてさらにですが、テニスを教わるにおいて言うならばこの2つの中でも前者の『ボールの打ち方』のほうを題材として考えましょう。

f:id:stelliter:20210306212343j:plain

自分より明らかにお上手な人のプレーを間近でみて『すごいな~』と思い、加えて『この人に教われば私も少しは近づけるかな。。』という希望も抱くわけです。

しかしね、、これは『教わった通り練習すれば私だってきっと』という思考を持った非常に素直なプレーヤーにおいてのお話。

かたや、ひねくれもんな私の記事などをお読みの皆さんにおいてはどうでしょう。

本当にこのような技術的な事(特に打ち方)を人に尋ね、教わろうと思っているでしょうか。

 

最近ではこんな記事を投稿。

www.stelliter.info

(音楽を題材にした私お気に入り記事)

面と向かって直接教わらなくとも今ではいろいろと技術を学ぶ・パクれる環境はいくらでもあります。

www.youtube.com

(私イチオシのテニスライズさん、、有益な動画を発信されています)
吸収できるかどうかは学ぶ側次第ですが、お気に入りの人の発信・動画などを好きな時間、ジャストなタイミングで仕入れることが出来る。

自分で自分の動画を撮って繰り返し確認作業を行うなんてのも今や当たり前です。

 

以前テニススクールに関する私的な意見を記事にしました。

www.stelliter.info

スクールのいいところについてほとんど書かなかったのですが唯一、初学者段階の方たちを対象と考えるならばまあ、、、ナシでもないかなと思います。テニスにおける成長過程というものをまだ理解されていませんからね。

f:id:stelliter:20210325072058j:plain

 しかしある程度テニスの基礎を学んだ人、コミュニティへの参加を確立された人であれば、あとは自走しアウトプットにこだわることで自然と強くなっていくもの。

つまり、誰かに教わろうということではなく、、

強くなれる環境に身を置こう

こちらのほうが圧倒的に大事な思考ではないでしょうか。

なので『人に直接打ち方を聞く』という人は最近では少なくなってきているのではないかと思います。

ま、そうは言っても、、

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

直接指導してもらうから、より上手になれるんじゃないの??

これは否定できるものではないですし、いい機会になる場合もありますから事実だとも思いますよ。

しかし繰り返しになりますが、要は成長しようとする人の自走能力が伴わなければ、直接指導されたとて伸び率に反映されるかどうかわからないというのもまた否定できないのではないでしょうか。

 

この、『人からの指導』に関しては非常に幅広い要素を含みます。また別の機会でも触れてみたいですね。

------------

f:id:stelliter:20210325071854j:plain

 少なくとも自分なら正直ナダルと知り合ったとて教わろうなんて思わない。

代わりに

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

あの、、さ、サインもらってもいいですか??💦

とは間違いなくお願いするだろうけど(笑)。