悩んだときは『明日にすっか』:出来るようになるまでの感覚は自覚できない。

にほんブログ村 テニスブログへ

こんにちはstelliterです。

皆さんの得意なショットは何でしょうか。一つくらいは自慢の『キラーショット』があるはず。

そしてその得意なショット、、どういった形でも大体打てませんか?

f:id:stelliter:20210123155018j:plain

フォアのスピンが得意な人はどんな握りでもスピンが打てる、叩ける。

スライスが得意な人はどんな体勢でもとりあえずスライスで返せる(私はコレ)。

ボレーもしかり、サーブもきっとしかり。

f:id:stelliter:20210123154447j:plain

(こんなにカッコよくないけど、これは自信あり👍)
で、そのショットなんですが出来なかった当時と今を比較しても、『打っている見た目』ってどうでしょう、、あまり変わらないと思うんです。少なくとも静止的に目で確認できる部分はそんなに変わらないってことはありませんか?

少なくとも自分自身は

やってることは変わらないんだけどねぇ

って感覚ないでしょうか。

 ------------

誰かに指導される。

『こう握って、この高さまで構えて、このように振り出してヒットする』

f:id:stelliter:20210123155329j:plain

教わったように動いているつもりでも、ぎこちなさ全開。

まともにラケットにヒットしないことさえあった段階から、今となっては『打てないと思えない』くらいに自分の中で確立しきっている。

 

洗練度は違えども、出来ているときと出来ていなかった時の構えとか握り方とか、そう大きくは変わらないはずなのに、今では『出来ないわけがない』くらいへっちゃらに感じてしまう。

f:id:stelliter:20210123160941j:plain

自分で何か出来てきた時、例えば1年前と今とで上達に差が生じたとき。一体何が違ってきているのでしょうか。

それは『出来るに決まっているという感覚』としか説明できないでしょう。

あの頃なんでこんな簡単なことが出来なかったんだろうと今になって思えているだけ。

 

熟練度と言ってしまえばそれまでなんですがね。こんなこと、、

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

こうすれば打てるよ

なんて指導だけで教わる側がすぐさまできるようになるわけないんです。

神経回路が繋ぎ合わされるまでに個人差があれど必ず一定期間要するわけで。

f:id:stelliter:20210123155206j:plain

(子供たちは成長が早い)

例えば今左手で高い打点のボールをバックハンドスライスで処理しろって言われたら、出来る気なんかしない。

f:id:stelliter:20210123161505p:plain

右手で行なっているのと同じ握り・同じ高さからスイングしたってね。

大体バックハンドスライスの動きなんて、普段の日常生活でまず行なわないですからね(笑)。

------------

f:id:stelliter:20210123161543j:plain

この神経回路が繋がっていく瞬間ってなかなか体感が難しい。

まさに『気が付いたら出来ていた』という感覚。

私自身イップスに悩まされ、フォアハンドがいかんともしがたい状況まで落ち込み、両手フォアハンドに挑戦したりしながら、今は極厚フルウェスタンだったグリップをコンチネンタル~イースタンという極薄に思い切って変更。

f:id:stelliter:20210123160313p:plain

大胆に何か変えていかないと、元に戻ってしまいそうで嫌だった。

当然最初は違和感ありまくり。

全然力入らんな。こんなグリップで何ができるんやろ・・

自分で選択したにも関わらずぼやいていたという(笑)

しかし、まずは出来るフォアハンドスライスを打ち続けていくうちに、何となく今では『このグリップでないとあらゆるボールに対応できない』というくらい慣れ始めてきた。

f:id:stelliter:20210123160622j:plain

ちょっとづつフラットやスピンもどきも打てるまでに回復してきた、、かも。

f:id:stelliter:20210123160904j:plain

こういった感覚は仮に短期間であったとしても、今目の前の瞬間瞬間には自覚できないもので、翌日また翌日と日を経るごとに積み重ねっていきますね。

その分自覚が出来ない、効果が見えにくいから挫折も多いかもしれませんけど。

なので悩んだらやるだけやって『また明日』、、でいいのかもしれません。