『等身大で生きれたら』:テニスと自己顕示欲

にほんブログ村 テニスブログへ

こんにちはstelliterです。

ブログをやっている以上、自分にもテニスにおける『自己顕示欲』がないとはまったくもって思いませんし、大いに認めるところでもあります。

今日はその『テニスと自己顕示欲』について少し感想文を(笑)。

f:id:stelliter:20200916063049j:plain

あまり読んでいただけないかもしれませんが、自分としては書いていて清々しい内容でした。

それではいってみましょう。


❝自己顕示欲:Aさんとの出会い❞

f:id:stelliter:20200916064417p:plain

人それぞれ、程度はともあれ『認められたい』という気持ち、誰しも持ち合わせているはず。

人によってはジャンルにもよります。

一方の件は何と思われようが構わん、しかし一方では相当なこだわりを持って活動しているので、認められないのは納得いかない、、などなど。

ーーーーーーーーーーーー

先日、少し年配の方とシングルス対戦。

f:id:stelliter:20200916064601j:plain

お初でしたが、参加申込書にある程度の年齢を記入いただくので、ピンポイントな年齢まではわかりませんが、年代くらいは事前に把握していました。

で、その方(Aさんと仮名しましょう)、ゲーム前にお会いして挨拶もそこそこ、いきなり私に対して

f:id:stelliter:20200711002055p:plain
Aさん

おいくつなんです?

と逆質問されました。

f:id:stelliter:20200615213106j:plain

あ、4●です

とお伝えすると、、

f:id:stelliter:20200711002055p:plain
Aさん

そうなんですか、、じゃあ私と○○くらい違うんだ

と言われ、、

f:id:stelliter:20200615213106j:plain

確か60代と記入されていましたよね

と返すと

f:id:stelliter:20200711002055p:plain
Aさん

幾つに見えます?

と往年の鉄板フレーズ炸裂

いやぁ久々に聞いた言葉だったなぁ、この

『わたし幾つに見えます?』

99%の方が

あ、そうなんですか!?その割にはお若いですね~

と言ってもらいたいに決まっている。

上に見られたい方などそうそう見かけないですから。

 

実際、プレーも年齢のわりに若々しかったですしね。

終わった後少し話したのですが、大学時代1部所属の部(これはなかなかスゴイこと💦)でプレーされていたらしく、腕前は確かだなと感じました。

 

しかし、そこからはトークの雨あられ、、私めがけて被弾しまくったのです。

内容もまず開口一番

f:id:stelliter:20200711002055p:plain
Aさん

年齢のわりに動けるでしょ??

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

そうですね、なんか年配の方に負けたという印象がなかったですから(この日は結局1勝1敗)

以後もテニスだけにとどまらず、、

  • 『今こういう事業をしている』
  • 『以前はどこどこ(超スーパーエリート企業)に十何年勤めていた』
  • 『テニス界のかなりのオーサーと大学同期だ』
  • 『ビジネス界において有名な誰々と今も交流を持っている』

とこれまでの数々の交友関係・事業経験など赤裸々に語られました。

初対面の人に対してここまで開け広げるなんてすごいなぁ

と妙に感心。

そして立て板に水のごとく

  • 『今度こういう事業を立ち上げる』
  • 『よかったらぜひKさん(私です)も一度お越しください』

と。

お声掛けいただけたのは大変うれしかったです。

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

きっと本質的にはいい人なんだろうな

という感想を持ちましたが、あまりのコッテコテな承認欲求人であることから、

こういう方もいらっしゃる。これは自分への定期的な戒めのために、神様がこの人を私にあてがったのだな(笑)

とエライ前向きに捉えつつ、、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

そうなんですか~、すごいですねぇ💦

と相槌を打ちながら結構な時間、お話に付き合わせていただきました。

❝自己顕示欲、、悪いことではない❞

世間一般にもその浸透性の高さから、もはやキラーフレーズであり、当ブログ内でも何度か使用させていただいたキーワード、、

『承認欲求』

f:id:stelliter:20200916064659j:plain

ま、ググれば違いもいろいろと出てきますが、基本的には『自己顕示欲』とよく似ています。

 

とかく悪いことと捉えられることのほうが多く見受けられる昨今ですが、はたして100%悪いことなのかと言われればそんなこともありませんよね。

認められようとする意識がその人の原動力になるのであれば、むしろ好影響であると言えます。

副次的に発生するであろう『ストレスの吐出し方』さえ上手くいっているのであれば、効果的に作用している良好な使われ方です。

 

そう、問題は使い方ということになります。

f:id:stelliter:20200916064756j:plain

先のAさんの場合はちょっと度が過ぎちゃってる感もありますが、それとてAさんのこれまでのがんばりや実績(伺っている範囲では実際凄い経歴でした)の根幹となってきたのでしょうから、きっといい方向に振れたのだと思います。

❝テニスにおいての承認欲求❞

テニスにおいてはどうなんでしょうね。

基本的に自分に対するテニスの客観的な評価、、これはどんな人もこう思っているはず、、

あの人上手いよね、、技術高いよねと思われていたい

f:id:stelliter:20200916064855j:plain

これはいままでテニスを通じ出会った方で例外は皆無と言っていいと思います。

程度の差はあれども、右か左かの二極化で考えたらまず、よっぽど特殊な状況でないかぎり『上手い・強い』と思ってもらいたいに決まっている。

f:id:stelliter:20200612223414j:plain

いやいや私はそういう風に思われたいとは一切思っていない!

こういう人は私の知るテニス界隈では一生知り合えない、精神的に達観されたスーパーな人。

もしくは『ウソツキ』であると私は思っています。

❝自己顕示欲を捨てることはできないけど❞

自己顕示欲を捨てることは絶対にできません。

人は大なり小なり自己顕示欲を持っているはず。現代社会において生きていく上では『必要悪』ですらあると言えます。

 

必要悪 であるからこそ、使いようというものを考えないといけません。

ーーーーーーーーーーーー

私の場合は仕事でも何でも、いま目の前で湧き上がってきたと感じられる『自己顕示欲』に対してこのように対処しています。

この感情、、いまここで必要な事か?

これを振りかざすことで得られるもの・失うものをよく考えよう

特にこの

『それって今必要な事か?』

これが一番効きますね、行動を自制するにおいて。

『必要ない』ことであれば、自己顕示欲を高めようと今から発言・行動するその行為に『まったく意味などない』と割り切れる、、

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

じゃ、やる意味ねぇな👍

人生割り切り・メリハリが必要であるとこの歳に近づくにつれて、かなり遠回りしながらも認識出来てきました。

世の中すべて『トレードオフ』な関係にあるんですから。

❝トレードオフの究極:会社の部下で見た場合❞

自分の会社において、私もかなり少ないとはいえ直属の部下が十数名おります。

少ないなりにもいろいろな人間がいるもので、

  • 仕事の出来る人
  • 普通の人
  • んん~だいぶ出来ねぇなという人 

などさまざまです。

そんな中で、人から見ても『この人の社会的・ビジネス的な強みってなんなの??』と一見思わざるを得ない部下もいます。

  • 仕事は雑
  • 社内での向上心は見当たらない
  • プライベートにおいても自己研鑽など皆無(私の知る限りですが)
  • 市場価値は最低レベル(業種にもよりますが)

部下に対し大変失礼千万な物言いですね(笑)

どうでしょう、デメリット以外に見当たりませんよね。

f:id:stelliter:20200916065407p:plain

しかし、その人においても先ほどの『トレードオフ』な関係で考えたら説明がつくんです。

それは裏を返せばきっとこの人は、、

『幸せに死ねるんだろうな』

ーーーーーーーーーーーー

人生の究極的な目標はこの

『幸せに死ぬこと』

f:id:stelliter:20200916065612p:plain

これ以外の究極はありえません。

きっとこの人は自分の気持ちを平常・平穏に保つことに恐ろしく長けている。

なので心の平穏を保つ『達人』なんです。

そうでなければこの乱世、どうやって生き抜いてこれたというのか(笑)

f:id:stelliter:20200916065733j:plain

人から多少変に思われていようが、自分の信念を曲げない、、曲げるつもりなどないということを無意識に体現できている。

 

要するに「等身大で生きている」んですよ。

 自己顕示欲の強い人にはなかなか難しい話ではないでしょうか。

 -----------

確かに社会的市場価値は恐ろしく低い人です(笑)

過去にさかのぼって、もし私がこの人の入社面接(当然私じゃなかったですよ面接官は)を行なっていたとしたら絶対に採用していなかったことでしょう(笑)。

しかし今となっては、

この人に居てもらってよかったなぁ

と心から言えます。

自分の中での人の評価というものが変わっていったからとも自覚していますが、私としては

自分も成長したからこう思えるようになったのではないか

という思いもあります。

 ------------

  • 『ウソな評価でもいいから人に認められたい』
  • 『他人からの受け売りしかしない人の評価でもいい』

これらでも満足するなら、それでもいいんでしょうけどね。

ビジネスにおいてハッタリは必要です。

それによって大きな成果をあげる場面も多い、、いやそれが大多数を占めることもあります。

f:id:stelliter:20200916065918j:plain

しかし人と人とのつながりではどうでしょう。

こういうハッタリばかりの人たちと付き合っていて長続きするものでしょうか?

私は等身大で生きている人のほうが近くにいて『安心』しますよ。

❝私の尊敬する先輩Mさん❞

f:id:stelliter:20200520071159p:plain

最近の記事にて私がストリングを張り変えて上げた兄貴分的存在の先輩Mさん。

www.stelliter.info

 私がテニスを始めた初期のころからお世話になっており、よく話をするのですが、本当に物事を本音で語ってくださる。

f:id:stelliter:20200527065647p:plain

社会人ですからもちろん多少は周りに迎合することもしますが、そこに嫌みがない。

社会人としてのたしなみもあり、常識もしっかりとおさえている。

一方では非常に人間味溢れる人柄であり、人に対しての評価も問題にならない程度にヅケヅケ発言する。

私に対してなど酷いもので(笑)

いっしょにダブルスなんかやろうもんなら

f:id:stelliter:20200622120448p:plain
Mさん

Kちゃん、だめだよ~それじゃあ

f:id:stelliter:20200622120448p:plain
Mさん

ビビッてんじゃないよ!

f:id:stelliter:20200622120448p:plain
Mさん

俺がカバーしてやんなきゃダメだなぁ

ダメだしの嵐。

でもね、これが単に嫌みに聞こえるヤツっているじゃないですか?

そういうニュアンスがまったく伝わってこない。

心地いいんですよね。

f:id:stelliter:20200916071709j:plain

なので私のほうからも

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

なにやってんすかMさん!

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

気ィ抜けんてんじゃないですか!?

f:id:stelliter:20200723223114j:plain
俺

それ決められないでどうすんすかー

と遠慮なしに浴びせる、罵り合うペアなんです (笑)

よく大会にも一緒にでましたが、

『仲悪いんじゃないのあのペア??』

と一見見紛うおもしろコンビです。

ーーーーーーーーーーーー

この人はまさに『等身大で生きている人』。

f:id:stelliter:20200826064149p:plain

100%と言えるかは難しいですが、現代社会人においてかなりこれに近い。

 

そしてMさん、、絶対にすり寄っては来ない。

こういう『つかず離れず』なところがまた魅力的。

身近にいてくれて感謝しますよ。

人はこうあるべきだな、自分もこうでありたいなぁと切に願うこの頃です。