テニス🎾できない日には何をしますか??自宅でできるレベルアップ

にほんブログ村 テニスブログへ

目次

 

<できる環境のない厳しい現状>

ここ最近のコロナウイルスの一件で首都圏、特に東京23区は4月2日現在、テニスコートが使用可能な区は

  • 中央区(学校体育施設は不可)
  • 新宿区
  • 目黒区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区(更衣室・シャワー等は利用不可)
  • 練馬区
  • 荒川区(おそらく使用可)

 のようです。逆に使えている区ってすごい英断してますね(笑)

他区は最短でも4月12日から再開予定なんてお知らせですが、まあ状況から確実に休止期間は延長されることでしょう。

 この影響でテニスオフなどでも普段使用できない方たちが遠方まで遠征されているのか、4名募集のところに8名希望者で埋まっているなどスゴイ殺到ぶりです。

本音でいいますと

「この人のオフ、普段は埋まらないんだけどな~、参加費も強気な設定だし」

みたいなオフも軒並み埋まっていきます。

 それはさておき、どうしてもテニスできない日々が続いている最中、皆さん自宅もしくは先日の記事でも取り上げました壁打ち(めっちゃ混んでるみたいですよ)など、コート以外でどんな取り組みをされているでしょうか。

 

今回は壁打ちすら除いて、あくまで自宅など屋内でどうやってそのうっぷんを晴らして、、、いや練習してらっしゃるんでしょうか。

 

これは普段雨の日なんかにも当てはまりますから、ぜひ皆さんにもコメントいただけたらなと思います。

 なかなか駆け足で記事にさせていただきましたが

それではいってみましょう

<素振り>

おススメ度:★★★☆☆(星3.0)

まず最初にやるのはこれですね。

なかには素振りはまったく意味がない、、むしろ悪影響すらある、と思ってらっしゃるかたもいますね。

でも素振りはやり方によってはある程度効果があると私は思います。

ついついやっちゃいますしね家でも(笑)

何種類かある素振りのやり方を、それぞれ私見も交え説明させていただきます。

(素振りの種類)

  1. なんとなく振る
  2. 鏡で自分のフォームを確認しながら
  3. 飛んでくるボールをイメージしながら
  4. 動画を観ながら
(1.なんとなく振る)

役に立ちませんね。何にもイメージされないです。

「いや、わたしはフォームを定着させるためにやっています」

という人はどうなんでしょうね。フォームは定着させるためのものではないと思います。頭が固くなってしまいますよ?

(2.鏡で自分のフォームを確認しながら)

まあ確認するという意味くらいはあるんじゃないでしょうか。

あくまで自分のフォームってどうなってるのかな?という確認程度だと思います。

鏡を見ながら振るということはボールや打点を意識していませんから、本来の自分のフォームといえるのかどうか。

いいフォームにするための素振りでは意味がありませんからね。

(3.飛んでくるボールをイメージしながら)

素振りの中ではこれが一番おススメです。

実際に飛んでくるボールをよくイメージしながら素振りをするのは、単にラケットを振っているのとは全然違って効果があると思います。

フォームなどの外的部分には目をむけず、あくまで飛んできたボールの打点をインパクトするイメージを持っての素振りです。

できれば、手にその感触すら感じられるくらいになれば最高ですね。

ラケットを振る以外のことにもイメージが膨らみますからね、いいと思いますよ。

 (4.動画を観ながら)

一見これが一番効果があると思われがちですが、あくまで素振りと考えた場合ですと、1位ではないですね、、2位です(笑)

どちらかというと動画上のタイミング合わせのような、ゲームに対するトータルイメージになりますから。

別の意味では効果的ですけどね。

ーーーーーーーーーーーー

以上のことから、こと素振りに関しては3.の、飛んでくるボールの打点をイメージしながら素振りするのが一番効果的だと思います。

<トスアップ練習>

おススメ度:★★★★☆(星4.0)

 これはやったほうがいいですね。

トスアップまでは自宅であろうがコートであろうが基本的に同じですから。

 普段からトスの安定感がない人も自宅でやっているようです。

イップス気味な方は特に熱心に取り組んでらっしゃいますが、その場合、練習のし過ぎは逆効果になると言いますからほどほどがいいですね。

(私は一度、ダブルスで15回以上トスのやり直しをされている方をお相手しました、、大変でした)

<専用器具>

おススメ度:不明だけどたぶん★★✮☆☆(星2.5くらいじゃないですかねぇ)

  • ピコチーノ
  • トップスピンプロ
  • ネットに直接打つやつ

 などなど、これらですね。

一度も使ったことないんですがどんな感じなんでしょう。

打感をつかむ練習にはなりそうです。

とにかくボールが飛んでこないのと、飛んでいく軌道を見れないわけですからね。

これならまだ壁打ちいったほうがいいんじゃないでしょうか(まあ壁打ちも雨降ったらできないですけど)

 ただ、食わず嫌いはいけませんから。もし使う機会があったらまたインプレさせていただきたいと思います。

 逆に使ったことがある方、コメントいただければすごく嬉しいです。 

<ひたすら動画を観る>

レッスン動画のおススメ度:★★★☆☆(星3.0)

 意外に低いと思われたんではないでしょうか?

ここ10年あまりでYOUTUBEやDVDをはじめとする各動画(ほんとはもっと前から)をより手軽に見れるようになりました。

一般愛好家がこれまで以上に早いペースでレベルアップできるようになったのは、写真ではなく、まさにこの動画を目で見てイメージを焼き付けられるようになったからでしょう。

 レッスン動画はどの動画を見るかによって人それぞれ異なりますが、フェーズに合わせたものを正しくチョイスできていれば、ショットイメージも浮かびやすいでしょうね。

 しかし、、

私も結構見ますし、皆さんもそうなんでしょうけどこの

「動画見て劇的によくなった!」

という方にわたしはあまり会ったことがありません(笑)

ないとは言いませんけどね。

一時的には見るんですけど長続きしないのか、動画の力を過信しているのか、実際にコートに立った時にはすっかり失念してる人が多いんですよね。、、、、残念です。

 でも、見るだけになってしまわないのであれば効果的です。 

<ひたすら本を読む>

おススメ度:★★★★✬(星4.5、これがいちばんですよイチバン)

 ちょっと番外編ですが

テニスに直接関連しない本がいいかなと思います。

一般的な技術に関することは動画レッスンのほうがはるかに充実していますから。

それよりも、何かに取り組む際の考え方など、一から勉強できる啓発本的なもののほうが絶対にご自身のテニスに活かせるはずです。 

「どこの部分が?どのショットが?」

 と聞かれるとピンポイントにはお答えできませんが、必ず次の日のテニスコートで、ご自身の中のどこかに反映されるはずです。

それは練習への取り組み方であったり、ミスしたときの振る舞いや捉え方などにです。

 テニスができない環境、、実はこれがいちばんおススメです。

どんな本がいいかはもう皆さんのほうがお詳しいのでは・・・ 

<まとめ>

自宅でできるテニスのレベルアップ

 私のおススメ

  • 飛んできたボールの打点をイメージして素振り
  • トスアップ練習
  • ひたすら本を読む

 今後もどこまで続くかわからない自粛期間、少しでも有意義なテニスライフの一部になるといいですね。

そしてくれぐれも健康にも配慮しましょう。