脱中級🎾回転をかける意味はなんでしょう??

にほんブログ村 テニスブログへ

こんにちはstelliterです。

今日はボールをコントロールするうえでとても重要なスキル、

 

「回転をかける」

 

に注目して記事にしました。

テニス, テニス ・ ボール, ターン, ボール, 回転, ラウンド, スプラッシュ, ウェット, 水の滴

 

それではいってみましょう。

------------------------------------------------------------------------------

目次

 ------------------------------------------------------------------------------

<回転をかける意味>

テニス, スポーツ, テニス ・ ボール, テニス, テニス, テニス, テニス

 

これはスピン(上回転)、スライス(下回転)関係なく言える内容です。

 何故ボールに回転をかけるのかを考えたことはありますか?

 

「そんなのもちろん知ってるよ」

「スピンならネットしないでかつコートに収めるためでしょ」(;'∀')

 

とすぐに回答されるんじゃないでしょうか。

半分以上正解だと思います。こう言うと、

「え、100点正解じゃないの?」

とまたまた疑問に思われそうですね。

 

半分以上と申しましたのは、確かにボールに回転をかけて打つということに変わりはないんですが、ではどれくらい回転をかけるかを毎ショット意識していますでしょうか、ということです。

わたしのような中級クラスプレーヤーではなかなかいないんじゃないかなーって思います。

じゃ、上級者なら毎ショット打つごとに回転を意識して打っているのかと聞かれたら

「すべてとは言わないが、ほとんどのショットに対し回転量を意識している」

といえると思います。

 

これはすごいことですよ。

上級者はほとんどのショットを打つ際にどれくらい回転をかけるのか反射的に意識しています。

そう、反射的にです。あたまで考えてから打っている訳ではありません。

 

<なにゆえそこまで回転を意識しているのか>

テニス, 頭, Ramos Vinolas, 粘土, テニスコート, バボラ

 

回転がかかったボールが飛んでいきそしてコートに収まる。

上級者はボールのスピードと飛距離、、そしてコースさえも

回転量でコントロールしているんです。

 

これは余裕のある場面、要するに意識下における状況の時が一番強く反映されていますが、上級者はボールコントロールを単にラケットにあたる強弱では制御しておらず、あくまで回転量の増減でそれらを行なっています。

 

<なぜ強弱ではなく回転で?>

テニスを始めたばかりやキャリアの浅いプレーヤーは、ボールに対してほぼ真後ろからまともに当てています。フラットに当てていると言い換えてもいいと思います。

 

最初のころはボールに対する当て感がまだ習熟していないからか、どうしてもボールに対してラケットフェイスを正面から当てていかないと不安になるし、またミスヒットしてしまいます。

 

そして短いボールや長く深いボールの打ち分けも中級以下のプレーヤーの場合

  • ボールを強く打つ
  • ボールを弱く打つ
  • 高く打つ・低く打つ

この3点セットで調整しているのです。

テニスオフで言うと初中級くらいまででしょうか。いや、中級でもこうやってコントロールしている人も多いです。

-----------------------------------------------------------------------------

もちろんそういう状況でも、長くテニスを続けていけばそれなりに上達し、フラット系にかなりシフトしたプレースタイルで上のほうまで行ける方たちも多く存在しています。往年のベテランに多いですかね。

しかし上級者はかえってそれではボールが飛びすぎてしまうことと、コントロールというものを単にボールに対する当たりの強弱だけで行なうことがいかに難しいのか、経験的にわかっているからです。

回転でボールコントロールしないことのリスクを知り尽くしているんです。

 

 

<ちょっと横道にそれますが>

テーブル テニス, ピンポン, 情熱, スポーツ

 

またまた卓球です(笑)

テニスよりもはるかにボールの回転量が多いラケットスポーツ卓球において、いったい回転をかけることがどれほど重要であるのかを下記リンクに貼っておきます。

その世界ではかなり有名な「ぐっちぃ」さんの登場です。すごく参考になりますよ

yamaguchi.diary.to

 

 

<話を戻して、動画を見てみると・・>

f:id:stelliter:20200327073027p:plain

ド初心者とトッププロじゃあまりにも違いすぎるであろうかと、ATPトッププロとWTAのトッププロをスローで比較してみました。

 

実はスロー再生でなら意外に男子も女子もそう変わらないんじゃないかなーと思っていたんですが、かなり差がありますね

 

ここではさらにわかりやすくするため恐ろしくフェーズの違う動画で確認してみましょう。

 

こちらATPのトッププロ

www.youtube.com

ATPトッププロになると、ラケットの切り返しを使いまくっています。フォワードスイングの時、まずはグリップから先に出てきてボールをヒットするあたりから、急にラケットヘッドがグリップを追い越さんばかりの勢いで加速してきます。

ストローク×スピンのコツは3つだけ!!「前方向に大きく振ること」と ...

 

かたや女子のトッププロであるプリスコバ

www.youtube.com

プリスコバの動画になると、切り返しは穏やかになり、腕とラケットが一体になって動いてくるように見えます(ちなみにシャラポワも見てみましたがやっぱり同じ傾向です)。

www.youtube.com

 

そして初心者レッスン

www.youtube.com

やはりボールの真後ろからドーンと当てています。これじゃ球出しのボールは打てても、長いラリー展開や、ましてや攻める守るといったことなどは厳しいですよね。

 

 

<感覚でいうともっと違う>

錦織VSナダルの見どころ~全豪OP~ - 練馬区石神井の稲穂Tennis School ...

 

そして見た目のみならず、打球時の感覚的にはもっと差があると思います。

ここが一番大事、今日の肝です。

ATPプロともなると、ものすごいスイングスピードでほとんどボールに一瞬で当てている感覚です。インパクトの時間がめちゃくちゃ短いんです。

長くインパクトを取って、ボーン!と打つ感覚など皆無でしょう。

このインパクトでの

  • ボールに対する当て方(オフセット加減というのでしょうかね)
  • インパクト後のラケット面の逃がし方(スイングスピードに影響します)
  • 当てる時間の長短(インパクト時のボールへの押し)

 

f:id:stelliter:20200327073239p:plain

などこれらを打つまでに一瞬で判断し、必要な回転量をコントロールしているのです。

神技ですね。

 

<とっさの反応ですらコントロールしている>

f:id:stelliter:20200327073308p:plain


十分な体勢からなら我々でもなんとなく行っているようにも感じます。

しかし上級者は追い込まれた時や、とっさの対応を迫られた(例えば逆を突かれたときやリターン時など)ボールの返球さえも瞬間的に体が反応し、回転をコントロールする動作として処理しています。

 

 

<ボールに意志を込めて打っている>

f:id:stelliter:20200327073349p:plain


ボールに対する回転のかけ方でゲームを組み立てている(あくまで技術的な部分ですが)上級者は、単にスピンをかけよう、スライスをもっと切ってやろうとしているだけではありません。

必要な飛距離やスピードをその回転量の増減でコントロールしています。

つまりボールに毎回意志を込めて打っているんですね。

 

「そんなの自分たちだってやってるよ!」

 

とおっしゃる方もいるでしょう。私もそうでした(笑)

 

でも打球時の強弱でコントロールする感覚と、回転量でコントロールする感覚では、後者のほうがより制御しようという感覚が強く感じられます。ボールに込めている意志の質が違うということです。

f:id:stelliter:20200327073527p:plain

 

彼らはどれくらいの回転量で打てばどのくらいの飛距離でどういうスピードで相手コートに収まるのかを、その豊富な練習量とセンスで築き上げているんです。

ここはもっと上を目指すプレーヤーたちは、程度の差はあれど避けて通れない技術です。

 

<われわれ中級レベルにできるアクションプランは?>

f:id:stelliter:20200318071148p:plain

 

 

数を多く打っていかないとこの感覚は身につかないでしょうね。

 

いきなり上級者のような強烈スピンをかけようとすると、逆にテニスのパフォーマンスそのものは確実に落ちます。そして戦績も確実に落ちます。

あくまでも自分のできる範囲からスタートしましょう。

  • 打ったボールの行方と軌道をよく確認する
  • 回転の増減で飛距離をコントロールする
  • スイングスピードはそれほど変えない
  • 根気強く取り組む

最後の根気強くの部分が最も大事ですね。意志を持ち続けることができれば、取り組む価値は大いにあります。

f:id:stelliter:20200327073729p:plain

 

 

<まとめ>

f:id:stelliter:20200327073914p:plain

  • 上級者は回転量でボールをコントロールしている〇
  • トッププロはもっとすごい回転量でコントロールしている◎
  • 初級~中級者はボールを打つ力の強弱でコントロールしがち✖
  • 根気強く練習すれば回転で調整する感覚は身につく

今回は以上となります。

それこそ

”言うは易く行うは難し”

です。自分に言い聞かせているんですけどね。

 

最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。