スライスこそ攻めに使おう!スライスのメリット攻撃編

にほんブログ村 テニスブログへ

こんにちはstelliterです。

 

前回記事では一般的に守り重視に使用されるスライスのメリットをおさらいのように紹介しました。

今回は、私も積極的に使用しているスライスによる「攻撃」についてのメリットをその戦術含め記事にしたいと思います。

こちらのほうがむしろ書きたかった内容です。

 「テニス スライス イラスト」の画像検索結果

 

それではいってみましょう。

------------------------------------------------------------------------------

目次

 -----------------------------------------------------------------------------

 

 今回もあらかじめ:スライスと書くと大抵バックハンドスライスと考えられますが、今回記事でも

スライス=バックハンドスライス・フォアハンドスライス

両方とお考え下さい。

これまた自分の主要武器であるフォアハンドスライスもまた特化して後日記事にしたいと考えています。

 

<スライスの攻撃における利便性>

 

f:id:stelliter:20200322200254p:plain

私自身はむしろ攻めもスライスをメインに据えています。

「今日は調子がいいな」

というときは特にスライスのみで勝ち切れたりします。

調子がいいときのスライスはそのキレと深さがでてきて相手も攻められないのか、しょっちゅうミスをしてくれるか、つなぎいでくることが多いです。

この「攻めさせない」

というのは、シコラーとしては最高の「攻め」となりますので、その点スライスはとても役立つ武器といえます。

 

しかしそれはあくまで攻防一体という意味となりますので、あくまで

「点を取りに行くアクション」

としてスライスをどのように使っているのか以下に書かせていただきます。

 

 

<跳ねない・滑るボールでアプローチ>

 

f:id:stelliter:20200322200455p:plain


まさに見出し通りですが、ここでキレをだせればまずボールの質の段階で相手は返球しにくいです。

低くバウンド後も滑るアプローチであれば、相手は

  • 持ち上げる
  • コースを狙う(上下左右)

を同時に行わなければならなくなります。

この「持ち上げながら」パスやロブを打つことは意外に難しく、大抵2、3本に1本は勝手にミスしてくれたりします(中級相手ですけど)

 

 

<スライスでもパッシングはできる>

スピードって正直そんなに必要ないですからね、われわれ中級プレーヤーにおいては。

むしろバックハンドのショボいプレーヤーのスピンやフラットって、こちらの自信満々のスライスのほうが、キレ・スピードともに勝っていることも多々ありますから。

 

特にスライスはフォア・バックどちらのスライスも、体を開かずに打つことが多いので、相手にコースがばれにくいんです。

 このフェデラーのスライスによるパッシング集も、相手がどこに打ってくるかわからない読みづらさと絶妙なタイミングによって実現できています。

www.youtube.com

 

 

われわれレベルであればここまでの完成度でなくとも、少しでも相手に

迷わせる

ことができればあっさりパスできたり、もしくは触られてもネットしたりサイドアウトしたりで、結果こちらのポイントにすることが可能です。

 

 

<パッシング時にロブで相手のバック側を狙う>

 

「テニス スライス リターン」の画像検索結果

先のパッシングの項でも述べましたが、迷わせられる要素の中にこの

「バック側へのスライスロブ」

が加わると、相手に前へ出させる抑止効果があります。

やはりバック側へのポワーンと上がったロブは、強打するのに躊躇しがちですし嫌なものです。

 

 

<ストローク戦でコースや距離を狙いやすい>

 

「テニス スライス パッシング」の画像検索結果

スライスは体の横で打球することが多いことから(スライスショット・メリット編を参照ください)左右のコントロールや前後の距離調整がやりやすく、コースや落としどころを狙いやすいです。

 

ストローク戦で明らかに相手がバック側が苦手だったり、短いボールの処理が苦手だったりする際、弱点を突きやすいです。

しかも常に深さ(サービスラインとベースラインの中間以上奥側に)が出せれば相手は叩いてくることも難しいです。

 

 

 <ドロップショットという切り札がある>

 

f:id:stelliter:20200322204251p:plain


何といってもスライスショットにおいてこれ以上の

キラーショットはありませんよね。

ベースライン・アプローチ・チャンスボール・リターンとどこからでも驚異的な武器となります。

 

  • 相手は全力疾走してくるし疲れさせることができる
  • こちらが余裕のある体勢になったら勝手に警戒させられる
  • 何回か決まると相手はガックリくる(笑)
  • 仮に決まらなくってもいい

この

「仮に決まらなくってもいい」

という強迫観念が相手をマイッタさせるんです。

ざっと見ただけでこれだけ攻撃においてドロップショットというものがメリットだらけになるのですから、その起点となるスライスショットを磨かない手はありませんね。

 

「テニス ドロップショット」の画像検索結果

 

 

<まとめ>

  • 跳ねない・滑るボールでアプローチ
  • スライスでもパッシングはできる
  • パッシング時にロブで相手のバック側を狙う
  • ストローク戦でコースや距離を狙いやすい
  • ドロップショットという切り札がある

 スライスはボールを打つということに対しての負荷がとても少ないショットです。守りだけでなく、むしろ攻撃にどんどん使っていってください。

そしてあなたの会心のスライスショットが決まった際には、、

f:id:stelliter:20200322211657p:plain

フェデラーに負けない見事なガッツポーズも忘れずに