脱中級テニス🎾浅いボールでどう戦う、スキル編

にほんブログ村 テニスブログへ

こんにちはstelliterです。

 

前回記事に引き続き、
ボールが浅くなりがちな人はどうやって戦績を上げていくのか。

最初にことわっておきますが、基本的に深いボールは打てるにこしたことはないので練習して自分の中に取り入れるようにしましょうね🎾

 

それではいってみましょう。

 

目次

 


<浅くなりがちなボールで一体どうやって戦うのか>

ただでさえ浅いボールは不利な展開になりますので、最低限これだけはできるようになっておかなければならない、必須スキルを挙げていきます。

私も必死で取り組んでいるのですが、例でいきますと下記のとおりです。

①サーブはダフォを避ける

②とりあえず相手のボールを捌くことは得意。こちらから簡単にミスしない

③コースの打ち分けはできる

④前に出られた時、一応パスコースには打てる、もしくは最低限ロブだけは上げられる。

⑤浅くとも低いスライスボール(できればキレが欲しい)で、できるだけ攻撃されにくい展開を組み立てられる。

⑥簡単なチャンスボールは高い確率で決められるよう、ある程度打てる準備はしておく

⑦あんまり強い相手と対戦しないようにする(笑)。

 

パッと見は明らかにせこいシコラーに見えますね🙇‍♂️

でもこれらはヘボい勝利でも勝ちを拾うのに本当に必要な要素ばかりです。

⑦はあまり関係ないかもしれませんが一応入れておきました😁
では①から順にいってみましょう。

 

①サーブはダフォを避ける

→まずもってダフォはもっとも簡単に相手に点を与えてしまうので言わずもがなですね。

ほんとはこちらも攻撃されない質の高いサーブをセカンドでも、、と言いたいところですが、ちょっと欲張りすぎなので、まあまずはダフォはなるべくなくしましょう。

目安はサービスゲーム2つでダフォ1個ってところでしょうか。

 

 

②とりあえず相手のボールを捌くことは得意。こちらから簡単にミスしない

→これが書きたいために記事にしたってくらい大事な要素です

f:id:stelliter:20200303214047p:plain


ボールが浅くなって攻められるという展開以前に、先にミスしないということなんですが、どうでしょう。当たり前ですがこれが一番できてないですよね。
いや、こっちは簡単にミスしてないつもりなんだけどどうして負けちゃうのかなーって時、よくよく自分の失点をカウントしてみたら、イージーミスが思いのほか多かったりするんですよ。。

f:id:stelliter:20200303214303j:plain

ちなみに以前、この写真のミニカウンターを使って一定期間、試合中の自分のミスを下記に種類別にしてカウントしてみました。

  • フォア(リターン含む)
  • バックハンド(リターン含む)
  • ダフォ

集計の結果(中味はナイショ)、まんべんなくミスしてたんです。唯一バックハンドがやや少なかったですが、まあ単に下手なだけなんですww

そりゃ勝てるもんも勝てなくなります。

 

なので普段から、如何にこっちから先にミスはしないぞ!という意気込みで練習に取り組むかってのが大事なんですね。

 

 

③コースの打ち分けはできる
→サーブでこれができればかなり勝率上がる、、サービスキープが楽になるのですが、やっぱり難しいですよね。

なのでフォアでもバックでも、常に左右にボールを散らして、相手に十分な体勢で打たせないようにする必要があります。


浅く且つ真ん中にボールが集まってしまうようでは相手が早い段階で仕掛けにきます。

そうするとこちらも余裕のあるボールさばきが出来なくなるためミスが増えます。

f:id:stelliter:20200303215641j:plain

 

 

④前に出られた時、一応パスコースには打てる、もしくは最低限ロブだけは上げられる。

→まず前に出られたときに冷静であることが重要ですね🆒

左右かロブかという状況判断が適切にできないと、いくらスキルがあってもそのスキルを活かしていないショットで対応することになり、ロブが浅かったり、左右に散らしたつもりのボールが、思いのほか相手正面に行ってしまって、

「ごちそうさん」状態

になってしまいます🍜

 

 

⑤浅くとも低いスライスボール(できればキレが欲しい)で、できるだけ攻撃されにくい展開を組み立てられる。

→これができると有利ですよね。一段階シコラーとしてのグレードが上がりますよ🧗‍♂️

ドロップってわけではないですが、その浅さによっては相手を意図的に前におびき出して、さあ何を打とうかって逆にこちらに余裕のある展開ができます。

またキレのあるスライスはそれ一発で相手もミスしてくれる場合もありますから、確実に武器となる一挙両得なショットです。

 

 

⑥簡単なチャンスボールは高い確率で決められるよう、ある程度打てる準備はしておく

→ここまで守備的なプレーという印象しかありませんが、自分で作り出したチャンスボールはできるだけ確実に決められるようにしたいですよね。

もうお分かりだと思いますが、ここで大事なのは強いショットではなく、、

「打つ前に冷静になって確実に左右を打ち分けて決める」

こういうショットです。なのでやはりここでも大事になってくるのは

「冷静さ」

なんですよね(もっとも私に足りない部分です😵)

 

 

⑦あんまり強い相手と対戦しないようにする。

→ここはコメントなしでもいいんですが(笑)

まあでも勝率上げるなら、あんまり強い相手と戦うのはちょっと、、ね。どんな作戦も通じない相手っていますから

f:id:stelliter:20180606103728j:plain

 

 

<スキル編まとめ>

まあ本文でだいたい書きたい内容は書きました(笑)

もっとあるんでしょうけど

「脱中級」レベルにおいて、これらを実践できればかなり勝率アップ間違いなしと思います。

で、、

①~⑦までを今一度振り返っていただければわかると思うのですが、

 

「無理しない、冷静になる」

 

ってことが本当に大事です。

これがそろっていて初めて普段通り(まあ焦る自分も普段通り。。)やりたいことができ始めるスタートラインってとこですよね。

 

 

次回以降の記事では、フィジカル編、メンタル編を私なりに書きたいと思います。