脱中級テニス🎾我流なオムニ対策

にほんブログ村 テニスブログへ

こんにちはstelliterです。

 

期待されていないこと承知で前回の続きです🏃

オムニでの対策を前に、じゃあハードコートのほうが何故得意なのか。

得意というかトータルで見てヘタクソなのですが、ハードコートのほうが勝率がいい私。おそらく要因は

  1. 壮年(45歳以上)の中では比較的速いサーブ(バウンド後も滑りやすいから)
  2. セカンドもそう変わらない一見ダブルファースト(これが決まりだすとかなり有効)
  3. ハードコートなりにつなぐ(あまり強打せず粘る)
  4. だいぶ走れるようになった(踏ん張りが効くコートなので自分なりに切り返しがしやすい)

これくらいしかありませんけど。。。

これでも昨年、一昨年よりはだいぶ良くなったんです😅

おそらく上記4点がすこしずつスキルアップしたってとこなのかと。

 

 しかしながらやはりオムニで勝てないと大会でも勝ち上がれない、なにより数は少ないですが、自分が出場している大会もほぼオムニコートで開催されますから。

ハードコートでのプレーがオムニで通用しなくなるのは何故か、、もろに違うのはやはり前回も書いたことに関連するがごとく

  1. サーブが効きづらい(遅く、滑らなくなるため)
  2. ラリーのボールが全体的に遅いため相手がノビノビ打ってくる
  3. 2と相まってボールが収まりやすい(ボールの扱いがハードコートほどシビアでない)
  4. ダッシュがやりづらいからドロップも決まりやすい

こんな感じですね。まあ私が思っているだけのことですけど👤

 

うまい人はハードコートもオムニコートも差はあれど、あまり気にしないのでしょうけど、私ごときは上記の差に結構影響されてます。戦績がそれを表しています(昨年成績ハード勝率5割強、オムニ勝率4弱👎)

 

 

さあどうやって自分なりに今後オムニでの戦績を上げていこうかと。何より急にスキルアップなどしませんし無理してスタイル変更してもかえって戦績は落ちるでしょうし。

 

とにかく、ハードコートでの自分の特色をいかにオムニで活かすか考えたところ、、、

  1.  サーブはなんとか遅くてもダフォは防ぐ
  2.  コースをつく、ロブでしのぐ(要は落ち着いてプレーする)
  3.  つなげるようになったストロークの質(回転量、スピード)を少しずつでも上げる
  4.  簡単に決めれるチャンスボールは高確率で決める
  5.  番外編として、ハードと同じように走れるべくシューズも研究する(いつも最安なものしか履いてませんから)👟

 

 要は現時点では、より粘りのプレー、堅実なプレーを徹底できるのかということに尽きます。

強烈なストロークでエース、もしくはエースでなくともその一本で相手から返球されることはないような技術を身に着けることって容易ではないですし、まあ安定しやしませんよ。

 ベテランテニスの全国上位者の動画なんかをYOUTUBEで観てみると、如何に我々年代においてはこの「磨き抜かれた質の高いシコラー」っていうのが上位を占めるのかがよくわかります。

 こちらはわたしもよく参考にさせていただいている「テニスのミカタ」さんの動画です。実に素晴らしいプレーですよね

www.youtube.com

 


まあここまで到達できるかどうかわかりませんが、、、お手本です。

 

ということで何とか自分なりに上記の点を念頭に置いて今年一年(もうだいぶ経ってますけど)オムニで1つでも多く勝てるよう精進します、、、あ、ハードコートでもね